日本児童図書出版協会

児童書出版文化の向上と児童書の普及を目指して活動している団体です

こどもの本

月刊「こどもの本」は、日本児童図書出版協会発行の月刊誌です。
当協会に参加している児童図書出版社42社の新刊情報や、児童書にまつわるエッセイや評論をお楽しみいただけます。

2024年6月号目次
月刊「こどもの本」2024年6月号

表紙のことば・ひらめぐ商店
 
 ここのところの雨続きで、どことなくみんな曇り顔。小さなことでケンカになるし、いつもは優しい人もプンプンしてる。今日もうつむきかげんに歩いていると、「ヤッホー」と、声をかけられ、目を上げるとびっくり仰天。それもそのはず、おじさんの真上だけがピーカン晴れで、傘からはたくさんのアメ玉が降っているのです。それに気づいた大人たちは一目散に逃げてゆき、つられて雨もどこへやら。長い梅雨が明けました。

ひらめぐ商店
https://www.instagram.com/hirameguuuuu/

2024年6月1日発行
定価(本体150円+税)
ISSN 0385-0463

定期購読のお申し込み バックナンバー
2024年2023年2022年2021年2020年2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年
※在庫があるバックナンバーの送付も「定期購読のお申し込み」より承ります。

月刊「こどもの本」

2024年6月号

心にのこる一冊

ももいろのきりん 山野さと子

私の新刊

・『ぼくらは田んぼ応援団! 福島ゲンゴロウ物語』 谷本雄治

・『きょうのフニフとあしたのフニフ』 はせがわさとみ

・『いてもたっても』 たけがみたえ

・『たんぽぽになりたくて』 南塚直子

保育士試験 合格できるかな?⑥ ●最終回 石井聖岳

(国民的幼児番組『おかあさんといっしょ』制作の現場から⑥)●最終回
子どもたちへの思いと幼児番組のこれから 古屋光昭

新聞書評に紹介された本
(翻訳作品から考える 子どもの本の現在地⑪)

「到達する予感」を求めて 三辺律子

新刊案内151点
表紙のことば ひらめぐ商店
表紙デザイン 長澤昌彦