こどもの本

私の新刊
『なかよくなれるかな』 今井福子

(月刊「こどもの本」2022年8月号より)
今井福子さん

心に蘇る星屑のような言葉たち

 この作品は、六年生のお兄さんと、一年生のれな、友達のたけちゃんの、心の触れ合いと成長を描いた物語です。

 ウサギが好きで、飼育小屋に行きたい、れな。でもそこには、怒ったり、怒鳴ったりしている飼育係の怖いお兄さんがいます。一人では行けないれなが、ある日友達のたけちゃんを誘うと、たけちゃんの口からお兄さんの意外な事実を告げられます。

 それまで、お兄さんに対する学校の皆の噂や、悪い部分だけを見てきた客観的なれなの視点が、少しずつ変化していき、れな自身の視点でお兄さんを観察し、れな自身の心でお兄さんを捉え、分析していくようになります。そしてある日、決定的な出来事が……。

 子供の頃、両親や祖父母から聞いた言葉の数々。その時は分からなかったり、忘れていたものが、大人になって何かの拍子に、キラキラと光を放ちながら心の中に蘇ることがあります。

 この物語は、その中の一つ、

『人を見るときは、その人がまとっているもの、身分、財産など、すべてを剥ぎ取り、心だけを取り出して、その人を自分自身の目で見て判断しなさい』

 と言った父の言葉が軸になっています。

 人を外見や上辺だけで判断し、その人の真実をきちんと理解しないままに、人から人に間違った情報を伝える怖さ。

 確信のないものや、伝える側の私情が入り混じって、人を傷つけてしまうことを防ぐためにも、自分自身の目で見て、自分自身の心で判断できる力を身に付けてほしい……そんな願いを込めて書きました。

 どうせ分からないからとか、まだ理解できないからと、伝えるのをあきらめるのではなく、子供たちの頭や心に星屑のように引っかかった言葉が、いつか大人になった時に、キラッと光って蘇ってくれることを信じて、これからも子供の心に届く作品を書いていけたらと思っています。

(いまい・ふくこ)●既刊に『友だちをやめた二人』『止まったままの時計』など。

『なかよくなれるかな』
文研出版
『なかよくなれるかな』
今井福子・作/いつか・絵
定価1,320円(税込)