こどもの本

私の新刊
『イナバさんと雨ふりの町』 野見山響子

(月刊「こどもの本」2021年12月号より)
野見山響子さん

秘密の扉を開けて

『イナバさんと雨ふりの町』は、ひょんなことからふしぎに迷いこむくせ・・ のある、うっかりものの白ウサギ「イナバさん」のお話を三つ集めた本です。前作の『イナバさん!』でもいろいろありましたが、今作では、スーパーマーケットで止まらないエレベーターに閉じ込められたり(イナバさんと雨ふりの町)、秘密の福引き会場に招かれてみたり(イナバさんと福引き券)、電話ボックスごと誘拐されてみたり(イナバさんと電話ボックス)します。

 私は昔から、どこか不思議な世界に出かけて行って、冒険の末に日常に帰ってくるお話が好きでした。冒険には、たいてい何かの「入り口」がつきものです。街なかで、どこに続くかわからない扉を目にして「あれを開けたら、どうなるのかな?」……誰にだって、そんな考えが浮かぶことはあると思います。けれど、そんなことをすれば、人に迷惑をかけてしまうかもしれない、誰かに怒られてしまうかも! そんなのは嫌ですから、皆、そういうムズムズをぐっとこらえて、涼しい顔で暮らしているわけです。ところがその境界を、それと気付かずひょいと飛び越えてしまうのが、イナバさん。秘密の扉は、普段は固く閉じられていますが、たまには息継ぎをしたくなるタイミングがあって……知らずにそこに居合わせてしまう間の悪いウサギが、イナバさんなのです。イナバさんは、毎回そのうっかりのせいで困った状況に陥っては、泣きべそをかいたりもするのですが、まあ、ご安心ください。いつも最後には住み慣れた町に帰ってきて、やれやれ、とため息をつきます。

 ――さあ皆さん、どう見ても怪しい扉に、不用意に飛び込んでいく白ウサギを見かけたら、こっそりあとをつけてみてください。一緒にハラハラしたり、くすくす笑ったり、そっと応援してあげてもいいかもしれません。冒険を終えれば、イナバさんもあなたも、またいつもの日常へ帰りますが――そのときに、ちょっぴりのわくわくした気持ちをおみやげにしてもらえたなら、私はとても嬉しいと思うのです。

(のみやま・きょうこ)●既刊に『イナバさん!』、『アヤカシさん』(絵)、『リンちゃんとネネコさん』(絵)など。

『イナバさんと雨ふりの町』
理論社
『イナバさんと雨ふりの町』
野見山響子・文・絵
定価1,650円(税込)