こどもの本

私の新刊
『ライオンごうのたび』 森岡督行

(月刊「こどもの本」2021年6月号より)
森岡督行さん

人生の役割の一つを果たせた夢の絵本

このたび、『ライオンごうのたび』という、はじめての絵本を出版させていただきました。この絵本は、今から十年ほど前、自分の長女が小学校に入学するときに、長女のためにつくった話がベースになっています。

私は、小学校、中学校、高校と、もしかしたら、勉強はした方かもしれないけれど、あまり楽しんで学習はしていなかったように思います。テストのための勉強だったり、いやいやながらの宿題だったり。学校の勉強の意味がわかったのは、ずいぶん大人になってからでした。世界は不思議なことにあふれていて、謎を探っているうちに、算数や理科、歴史などができていったのではないかと。もう少し、はやくこの視点に気づいていたら、つまらないと思っていた勉強が、おもしろくなったにちがいない。そんな風に考えながら、この話を書きました。

このことを、イラストレーターの山口洋佑さんに話したのは、いまから七年前でした。山口さんは、話の内容に共感してくださり、すぐに絵本にしようという流れになりました。私は、山口さんのイラストが大好きだったので、そこから、ストーリーがふくらんでいきました。例えば、この絵本には、気候変動のアクションを促すメッセージを込めたのですが、それははじめにはなかった観点でした。

果たして、二〇二一年二月、『ライオンごうのたび』は出版されました。同時に開催した出版記念展は、コロナ禍に即して、消毒と換気につとめて行いました。はじめての絵本を実際の読み手、子ども達に手渡して思ったのは、すこし大袈裟ですが、人生の一つの役割を果たせた、という感慨です。この絵本を読んだ子どもが、どんなふうに成長するのか、知りたいという気持ちも芽生えました。

長女はもう高校生。絵本を見て「夢が叶った」と言いました。これは私の気持ちと一緒ですし、きっと山口さんもそうだと思います。たくさんの人に愛される絵本になってほしいです。

(もりおか・よしゆき)●「一冊の本を売る書店」がテーマの森岡書店代表。既刊に『荒野の古本屋』など。

『ライオンごうのたび』"
あかね書房
『ライオンごうのたび』
もりおかよしゆき・さく/やまぐちようすけ・え
定価1,540円(税込)