“さがしています。こんな本”

月刊「こどもの本」2006年7月号より

のりものの本 NO.2

 3歳の孫が遊びにくると、一緒に踏切のそばに立って電車を眺めさせられます。寝台特急カシオペアや北斗星など特徴のある車両はもちろん、さっきのはE231系、今度のは115系、とその知識に驚くばかり。こちらも勉強(?)したいので、のりものがでてくる本を紹介してください。(茨城県・主婦)

逆転の翼

ペンシルロケット物語
的川泰宣/著(新日本出版社 本体1500円)

世界一小さなロケットが、敗戦のどん底から未来をめざす日本へ送った「逆転の翼」でした。野口宇宙飛行士が宇宙に運んだペンシルロケットの物語です。(小学高学年から)

カンカンカンでんしゃがくるよ

津田光郎/ぶん・え(新日本出版社 本体680円)

「ゴゴーッ!」たくさんの人をのせた上りの電車がとおります。おつぎは、いろんなにもつをつんだかもつ列車。朝から夜まで、ふみきりは大いそがし!(幼児から)

やこうれっしゃ

西村繁男/さく(福音館書店 本体800円)

家族連れ、仕事帰りの人、スキーに出かける若者…夜行列車に乗り込んだ人々の姿を、温かみのある絵で克明に描いた、字のない絵本です。(幼児から)

いたずらきかんしゃちゅうちゅう

バージニア・リー・バートン/ぶん・え・むらおかはなこ/やく(福音館書店 本体1100円)

小さな機関車ちゅうちゅうは、客車を引くのが嫌になり、ひとりで暴走を始めます。そして……。スピード感あふれる、乗り物絵本の名作です。(幼児から)

鉄道記

真島満秀/著(福音館書店 本体5000円)

季節の移ろいの中を、人々の思いを乗せて走る列車。その姿を30余年にわたり追い続けてきた著者が、1200点を超える写真でつづった鉄道写真集。(小学高学年から)

飛行機の大研究

ヒサクニヒコ/著(PHP研究所 本体1250円)

ライト兄弟の初飛行からはじまった飛行機が、100年を経てどう変わってきたか。最新情報も盛りこみ飛行機の歴史を探るノンフィクション。(小学中学年から)

すきすきくるま

バイロン・バートン/作・絵・村田さち子/訳(PHP研究所 本体1200円)

ぼくは、くるまがだいすき。だから、きれいにあらう。そして、てんけんもしっかりする。さあ、ぼくといっしょにドライブにでかけよう!(幼児)

はしれ江ノ電ひかりのなかへ

金子 章/作・渡辺有一/絵(PHP研究所 本体1300円)

江ノ電の運転手になりたい?? 心臓に病をかかえた少年の夢をかなえた実話。残り少ない命と知った少年の父とボランティアの努力が実る!!(小学低学年から)

人力で動く乗り物

ロジャー・イェプセン/著・松岡淳一/訳(さ・え・ら書房 本体1330円)

人力飛行機など、人力で動く乗り物に挑戦した人びとの成功と失敗の物語と、現在の乗り物の最先端技術を、豊富な写真とともに楽しく紹介する。(小学高学年から)

ふたりでのった新幹線

依田逸夫/作・末崎茂樹/絵(ひくまの出版 本体1300円)

小学1年のぼくと、4年のお兄ちゃんと2人で、はじめて新幹線に乗って、単身赴任のお父さんのところへ、大切な書類を届けに行くことになりました。(小学低学年から)

バートンののりものえほん

(全4巻)
バイロン・バートン/さく・え・こじままもる/やく(金の星社 本体各760円)

幼児がはじめて出会うのりもの絵本として、世界各国で翻訳されている人気シリーズ。美しい色づかいとリズミカルな文で、子どもの感性を育みます。(幼児から)

じどうしゃえほん

(全4巻)
鈴木まもる/さく・え(金の星社 本体各800円)

私たちのまわりには、大活躍している車がいっぱい! ショベルカーに消防車、パトカーにゴミ収集車…。細かく描かれたイラストで、何度も楽しめます。(幼児から)

うたえブルートレイン

柴田晋吾/作・野坂勇作/絵(金の星社 本体1200円)

ブルートレインのしらかば号は夜も走る特急列車。新入りの客車「ポンちゃん」は快調に出発進行! ところが、高い橋の上で怖くなって震えてしまい…。(幼児から)