展示会・お知らせ

お知らせ

学習会「特定秘密保護法を、出版の世界から見れば……」を開催します。★終了しました

2015/1/26

昨年12月に施行となった「特定秘密保護法」。法案が示されて以来、各方面から疑義や懸念の声が出されていますが、わたしたち子どもの本の出版に関わる者にとって、この法律の意味や問題点はどこにあるのか。この法律が実効性を持っていけば、どのような事態が起こり得るのか。これから、廃止への声をさらに大きくしていくためにも、まずはこの法律の問題点について、もっともっと知識を深めていくことが求められます。

子どもの本の書き手と作り手が、特定秘密保護法反対の声をあげるために結成された「フォーラム・子どもたちの未来のために」では、そのための学習会を重ねていきます。今回は、日本ペンクラブの言論表現委員会の委員長で、ジャーナリズム論が専門の山田健太氏をお迎えして、下記のように学習会を開催します。知ること、知られることこそ、施行を推進する側がもっとも恐れることです。若い編集者の方々をはじめ、多くの方たちのご参加を呼びかけます。

 

日時:3月3日(火)午後6時~8時(5時半・受付開始)

●会場:専修大学1号館12教室(地下鉄九段下駅または神保町駅から徒歩3分)

●講演:山田健太「特定秘密保護法は出版にどう影響するか」

●定員と参加申し込み:申し込みは、下記のそれぞれの所属団体、または日本児童図書出版協会

(Mail: kodomo@kodomo.gr.jp、Fax03-3267-5389)まで。定員(130名)になり次第締め切ります。

●参加費:500円(資料代。当日、受付にて申し受けます。)

詳しくは、ブログhttp://kodomotachinomirai.blogspot.jp/をご覧ください。