こどもの本

私の新刊
『ふたりだけのとっておきのいちにち』 三辺律子

(月刊「こどもの本」2013年6月号より)
三辺律子さん

こっそり描かれた秘密のメッセージ

 子どものころ、好きだった絵本は、今でも覚えています。『もりのなか』、『ちいさいおうち』、『はなのすきなうし』……。一見、白黒の地味な絵だったり、おおよそヒーロー像からかけ離れた、控えめな牛が主人公だったり、大人の目から見ると、なぜそんなに好きだったのか、説明するのが難しい絵本も少なくありません。

 でも、ひとつだけ、はっきりとわかる理由があります。「絵」です。と言うと、当たり前に聞こえるかもしれませんが、子どものわたしは、絵本を読んでもらいながら、隅から隅まで絵を眺めるのが大好きでした。ライオンのそばにさりげなく描かれた櫛が、3ページ後に「かみを とかすと」と物語に登場するのに気づいて嬉しくなったり(『もりのなか』)、春夏秋冬それぞれのりんごの木のようす(『ちいさいおうち』)や、コルクの木にたわわに実ったコルク栓(『はなのすきなうし』)に目を見張ったり。櫛も、りんごの木の移り変わりも、コルク栓も、文章のほうでは、ほとんど言及されません。そんな、こっそり描かれた秘密のメッセージ(のようにわたしには思えました)を見つけるのが、楽しくてしょうがなかったのです。

『ふたりだけのとっておきのいちにち』にも、そうした作者からの秘密のメッセージがたくさん描きこまれています。ずらりと並んだ汽車の窓からのぞく乗客の顔や、面白い名前の岬、秘密の島の生き物たちなど、文章では説明がなくても、絵の中にちゃんと答えが用意してあります。わたし自身、最初は気づかず、訳すために何度も読んでいるうちに、わかったものもありました。

 大人になると、同じ本を何度も読んだり、ましてや何時間もかけて絵をじっくり眺めたり、なんてことはなかなかしなくなってしまいます。でも、子どもたちは、絵本の「絵」が大好きなのです。そういうことを忘れずに、丁寧に作られたこの絵本を、少しでも多くの読者たちが楽しんでくれることを、祈っています。

(さんべ・りつこ)●既訳書にL・S・マシューズ『嵐にいななく』、E・イボットソン『リックとさまよえる幽霊たち』など。

「ふたりだけのとっておきのいちにち」
文溪堂
『ふたりだけのとっておきのいちにち』
ヘレン・ダンモア・作
レベッカ・コッブ・絵
三辺律子・訳
本体1,500円