こどもの本

私の新刊
『ゆうれい回転ずし 本日オープン!』 佐川芳枝

(月刊「こどもの本」2012年11月号より)
佐川芳枝さん

思いやりの気持ちを育てて……

 わたしは寿司屋の女将と物書きの二足のわらじを履いています。昼間は机に向かって、こつこつと文章を書き、夜は店で、「いらっしゃいませっ」と、お客様を迎えています。

 さて、この物語を思いついたのは、去年の夏のことでした。猛暑の日に、夫が、「こう暑いと、寿司が握りにくくなる。手のひらをよく冷やさないと……」とつぶやき、手を冷たい水にさらして寿司を握っていました。手のひらが温かいとシャリがくっついてしまい、形のいい寿司にならないからです。

 そのとき、突然ひらめきました。幽霊は手が冷たい。だから、幽霊に寿司を握らせたらどうだろう。主人公は寿司を握ることに未練を残して亡くなった、若い寿司職人。舞台は子どもの好きな回転寿司にしよう。従業員も必要なので、皿屋敷のお菊さんと、河童と手長小僧を入れました。手長小僧は私が考えだした妖怪なのですが、手がしゅるしゅると、どこまでも伸びるので、高いところのものを取るのにも便利。うちの店にもほしい妖怪です。お菊さんは皿に縁があるので、おもにお皿の管理。河童はカッパ巻きを作る。それぞれの役割も決めました。

 もう一人の主人公の潮君は、親思いで正義感の強い少年です。卑怯ないじめにあっても、親に言いません。親を傷つけたくないのと、子どもなりのプライドがあるからです。潮君を書きながら、そうだよね、言えないよね、とわたしは何度も涙ぐみました。幽霊たちの活躍で、いじめはなくなります。

 しかし、これでめでたしめでたしではなく、潮君が、もし自分と同じようにいじめにあっている人がいたら、絶対にかばうぞ、いじめはやめようって言うぞと決心したところを、いちばん感じとってほしいのです。読者が、自分がされていやなことは人にしないという、思いやりの気持ちを育ててくれたらと願いながら書きました。

 さらに、寿司屋の女将の習性で、おいしい寿司ネタのこともたくさん入れました。この本をきっかけに、お魚好きの子が増えてくれたらと思っています。

(さがわ・よしえ)●既刊に『寿司屋の小太郎』『ハッピィ・フレンズ』『寿司屋のかみさん とびっきりの朝ごはん』など。

「ゆうれい回転ずし 本日オープン!」
講談社
『ゆうれい回転ずし 本日オープン!』
佐川芳枝・作
やぎたみこ・絵
本体1,400円