こどもの本

私の新刊
『真夜中の動物園』 野沢佳織

(月刊「こどもの本」2012年9月号より)
野沢佳織さん

まっ赤な凧と爆撃機の音/全身で感じる物語

 この物語には、具体的な国名や地名はいっさい出てきません。文脈と、わずかに挿入されている単語から、おそらく第二次大戦中のチェコスロヴァキアであろうと、想像がつく程度です。

 主人公はロマ(ジプシー)の兄弟。十二歳の兄と九歳の弟と赤ん坊の妹が、両親を侵略国の兵士に連れ去られたあと、空襲で破壊された町や村をさまよって、小さな動物園にたどりつきます。

 そこの動物たちはなぜか人間の言葉が話せるのですが、兄弟の悲惨な境遇を聞いても、さして同情はせず、むしろ自分たちの窮状(檻に閉じこめられ、餌をくれる人もいない)を訴え、人間は愚かで勝手で不可解だとなじります。兄弟は彼らの話に耳を傾け、わずかな食料を分け与えて、自由にしてあげたいと願うようになります。

 すぐれた物語は五感を刺激する―ソーニャ・ハートネットの作品を読むと、いつもそう思います。青空に舞うまっ赤な凧、骨に響く爆撃機の音、ライオンの息のにおい、赤ん坊の抱き心地、とろりと甘いレモンバター。どれもとてもリアルに感じられ、気がつくと物語の世界に入りこんでいます。そして、主人公たちと一緒にはらはらしたり、ほっとしたり、胸を鋭く刺す痛みを感じたりするのです。

 第二次世界大戦中、ナチスドイツによる迫害・虐殺の犠牲になったのは、ユダヤ人だけではありませんでした。ロマの人々も、五十万人かそれ以上が虐殺されたといわれています。作者はそうした事実にも光を当てているわけですが、主人公をロマの子どもたちにしたのは、彼らが賢く、たくましく、自立心旺盛だというイメージからだと、あるインタビューで答えています。

 物語の結末は、オープンエンドといっていいでしょう。兄弟と動物たちに何が起こったのか、これからどうなるのか、それは読者ひとりひとりの想像にゆだねられています。

 子どもたちがこの作品を読んで、全身でいろんなことを感じ、荒野を一日さまよい続けたくらい疲れきってくれたら、訳者として嬉しいかぎりです。

(のざわ・かおり)●既訳書にS・ハートネット『銀のロバ』、R・セペティス『灰色の地平線のかなたに』など。

「真夜中の動物園」
主婦の友社
『真夜中の動物園』
ソーニャ・ハートネット・著
野沢佳織・訳
本体1,500円