こどもの本

私の新刊
『あいうえおのうみで』 すぎはらともこ

(月刊「こどもの本」2012年7月号より)
すぎはらともこさん

あいうえおとわたし

 あいうえおを覚えるのに、人より時間がかかった。小学校受験の盛んな幼稚園に近所というだけで入り、名前を書くのがやっとで卒園したのは、私くらいのものだと思う。それが、文を書く側に回るとは、まさに青天の霹靂だ。

 幼い頃姉弟は、本を好み、楽器の練習に取り組んでいた。早々に両方を放り出した私は、木に登り、鉄棒にぶら下がり、穴をくぐる。ポケットにどんぐり、両手にバッタ、草の匂いと枯葉に埋もれ、近所でおやつをいただいたりする毎日を過ごした。その間、親は文字を強制することはなく、何とか小学校で、友達と足並を揃えることができた。

 それでも、楽しくなかった文字との出会いを払拭したいという思いは消えず、描き始めたのがこの絵本だ。

 当初、幼い私が見たら、字を書きたくなるような本を描くつもりだった。けれど徐々に、文字は子どもにとって新しい発見のひとつで、自分で見つけるのを待つべきではと、考えを変えた。同時に、文字のない世界で五感を働かせた野性的な幼児期は、私には必要な経験で、文字から得る情報と、同等以上の価値があったという、自己肯定にも繋がった。

 この本は「あかはなの いぬ うみべの えきで おもしろいかお あいうえお」という書き出しの通り、「あいうえお作文」のような一音一単語と、少しの言葉の組み合わせだけで進行する。主人公こうたと子犬のぽちが、親と離れて、海辺の町を駆け回る。歌をうたいながら、外遊びに明け暮れた、「私」を映した本と言える。

 言葉が一つ置き変わると、現れる景色は一変するという当たり前のことを喜び、次にどう繋げるか、頭をひねる。それは、主人公の横で、現場を見ているかのような気分での作業だった。

 子ども達の、文字の連なりの先の奥深い世界に踏み込むはじめの一歩が、楽しいものであるように。本好きもそうでないお子さんも、この「あいうえお」で、くすりと笑ってくれたら、願ったりかなったり、と思っている。

すぎはらともこ●既刊の絵本に『こうえんのかみさま』『ひみつのたね』、挿絵に『なんでももってる(?)男の子』など。

「あいうえおのうみで」
徳間書店
『あいうえおのうみで』
すぎはらともこ・作・絵
本体1,400円