こどもの本

私の新刊
『生ごみからエネルギーをつくろう!』 多田千佳

(月刊「こどもの本」2020年9月号より)
多田千佳さん

友だちといっしょに!

 コロナ禍の日々に、私を興奮させたのは、映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズの指揮するオーケストラ演奏だった。小学生の頃、初めて見た映画は、スピルバーグ監督の宇宙人と子どもが出会う『E.T.』で、その音楽がジョン・ウィリアムズだった。曲を聴くと、子どもに戻った気がした。あの頃に、宇宙や未知への憧れが形成されたのかもしれない。

 大学生になり、微生物を顕微鏡で見た。その異様な姿や動きは未知そのもので、ワクワクした。エネルギーをつくるものもいると知り、メタン菌で有機物からエネルギーガスをつくる研究をした。

 大学教員になり、東日本大震災を経験し、今の若者が火でご飯を炊くことを知らないと知った。子どもらに火を伝えたい、生ごみからエネルギーをつくり、火を点けて使う講座をやろう! 2012年の夏休み、故郷で、牛の糞からメタンガスをつくって燃やす講座をした。ガスに火を点け、水をお湯にした。子どもらの真剣な様子に「もう1回、火を点けてみたい人!」と聞いたら、全員が「やりたい!!」と手をあげた。それが忘れられず、毎年、各地で出前授業をさせてもらった。その活動は、オリンピック・パラリンピックの聖火をみんなでつくったメタンガスで燃やそう! につながった。聖火への夢が後押しし、いろんな子どもと出会えた。

 あるとき、授業に出られない人にも伝えたいと思った。わかりやすく絵本にしたいと思い、高校の同級生でアニメーション映画監督の米林宏昌さんに連絡してみた。アカデミー賞にノミネートされた米林さんの絵力はすごかった! おかげで、この本ができるまで、すごく楽しい時間だった。その楽しさも絵本には溢れている! 

 本の表紙をめくった見返しは「宇宙」にしてもらった。米林さんが、私の思いを遥かに超えて「微生物の宇宙」にしてくれた。そう、私は、ここに浮遊するメグルちゃんのように、あの頃から変わっていない。この本が、子どもたちの夢の世界への扉になればと願う。

(ただ・ちか)●東北大学大学院農学研究科准教授。専門は環境微生物学、有機性廃棄物処理。本書が初の著作。

『生ごみからエネルギーをつくろう!』"
農山漁村文化協会
『生ごみからエネルギーをつくろう!』
多田千佳・ぶん 米林宏昌・え
本体1400円