こどもの本

私の新刊
『ポケモンのしま』 ザ・キャビンカンパニー 阿部健太朗、吉岡紗希

(月刊「こどもの本」2020年4月号より)
ザ・キャビンカンパニー<br />阿部健太朗、吉岡紗希さん

あの頃

 うちのアトリエにはポケモンのぬいぐるみが30匹程います。このぬいぐるみは、私達が子どもの頃、おばあちゃんが縫ってくれた手作りのものです。当時10歳。私達はポケモンが大好きでした。

 平成元年生まれの私達にとって、ポケモンは「子ども時代」そのものです。1996年からポケモンが社会現象となっていく、その真っただ中に、アニメの主人公のサトシくんと同じ10歳の私達はいました。ポケモンを見ると、同時に、あの頃見ていた景色が思い起こされます。登下校の道、友達の声、草むらの匂い、森の中の秘密基地、おでこに光る汗、大きな入道雲。心や頭で見ているものと、実際に存在しているものが、トロトロと混ざり合い、世界は広々と、夢幻的で、美しかったように思います。この「子ども時代」の感覚を、私達は作品をつくる上で大切にしています。ポケモンは私達の制作衝動の原点の一つなのです。

 しかし、私達には不安に思う事があります。「ゲームやインターネットを見て育った子どもは実体験の乏しい、軟弱な人間になる」と聞きます。平成の子どもたちは遊び場が減って可哀想だと、哀れまれる事もありました。私達は、不幸な「子ども時代」を過ごしてしまったのでしょうか。そうなのかもしれません。しかし、自分の子ども時代を否定したくはありません。あの頃、夢中になって読んだ本も、友達と走り回った草むらも、木登りも、漫画も、映画も、ゲームも、インターネットも、日常全てが、大切な思い出です。一瞬で過ぎ去る「子ども時代」に、様々な経験をして、色々な考え方ができるようになる事が、子どもたちにとって最も大切な事だと思います。いつかやってくる大人の時代にも、その力は心の支えとなってくれるはずです。

 私達の「子ども時代」が不幸だったのか、幸福だったのか、それは大人になった私達が作っていく、これからの世の中で決まってくるのだと思います。このような心の有り様を絵本の形にして吐き出したのが『ポケモンのしま』です。皆様に何か感じて頂けたら幸いです。

(あべ・けんたろう、よしおか・さき)●既刊に『ゆびさしちゃん』『しんごうきピコリ』『ポコンペンペン ばけがっせん』など。

『ポケモンのしま』"
小学館
『ポケモンのしま』
ザ・キャビンカンパニー・作・絵
本体1,200円