こどもの本

私の新刊
『たくはいびーん』 林 木林

(月刊「こどもの本」2018年2月号より)
林 木林さん

『たくはいびーん』でことばあそびーん♪

 これまで私は、言葉遊びが出てくる絵本をいろいろ書いてきました。ダジャレ、早口言葉、ぎなた読み、替え歌、あいうえお……などです。そしてこのたび、新しい言葉遊び絵本『たくはいびーん』が出版されました。

 今回は変身言葉の絵本です。例えば、「わたがし」から「た」をぬくと「わがし」に、「たいこ」から「こ」をとると「たい」に、という要領で、特定の文字を取ったり入れたりすることによって変身する言葉。それを集めて作品にまとめました。長い期間かけて、条件にあてはまる言葉を少しずつ思い付いては書きとめて、リスト化するところからのスタートでした。

『たくはいびーん』に登場するのは、可愛い動物たちの宅配便屋さん。「た」をぬく「たぬきびん」や、「こ」をとる「ことりびん」などがお客さんの荷物をあずかって、びーん♪ と配達します。すると、あらら 荷物が大変身。「たぬきびん」が「わたがし」を運ぶと「わがし」に、「ことりびん」が「たいこ」を運ぶと「たい」に変わってしまいます。

 各画面に見所がたくさんありますので、ぜひ細かい所も楽しんでほしい一冊です。お店に貼ってあるポスター類などにも言葉遊びを取り入れました。背景に小さくちりばめられたダジャレも探してみてください。可愛くてユーモラスな宅配便屋さんのキャラクターをはじめ、乗り物、ユニホーム、小物も個性的で、くすっと笑えます。ゆっくりと御覧いただけたら嬉しいです。

 じつは、この作品の陰には、ページ数などの都合で登場することができなかった、まぼろしのドライバーたちが居ます。「こんどるびん」「ぷーどるびん」「かまきりびん」「ちりとりびん」などです。この場をお借りして、名前だけでも紹介したくて一部書かせていただきました。

 絵本が出来上がっても、言葉遊びだけは癖になっていて、やめられません。ネットショッピングの宅配便を受け取るたびに、新しい言葉遊びを考えそうになる私です。

(はやし・きりん)●既刊に『あかり』『みずたまちゃん』など、既訳書にA・ダイクマン『おちゃかいのおやくそく』など。

『たくはいびーん』
小峰書店
『たくはいびーん』
林 木林・作
出口かずみ・絵
本体1、500円