こどもの本

私の新刊
『かがみのサーカス』 渡邉千夏

(月刊「こどもの本」2017年2月号より)
渡邉千夏さん

たねも、しかけも、まるみえです

 鏡のように反射する紙で、しかけえほんをつくる。以前、メーカーで企画開発をしていた経験からも、かがみのえほんが製品として成立するのは、非常に困難であると、予想していました。

 編集さんをはじめ、多くの協力者に恵まれたことが、かがみのえほんが出版に至る大きな鍵であったと思います。一生分の運を、使い切ったかのような幸運でした。かがみのえほんが、いま多くの読者の皆さんに届き、楽しんでいただけていることは、まさに夢のようです。

 さて、そのかがみのえほんも、新刊『かがみのサーカス』で3作目となります。せっかくいただいた幸運を、作り手としても、楽しみ尽くさねば! と考えています。既刊『ふしぎなにじ』、『きょうのおやつは』の2冊は、まるで別の作者がつくったかのような、異なるテイストにまとまっています。『かがみのサーカス』においても、さらに全く別の方向から、鏡のしかけを楽しめる作品にするよう、心掛けました。

 1・2作目と比べると、一見開きの中により多くのモチーフを詰め込み、物語を展開させています。鏡面の映り込みが複雑に入り組むなど、鏡のしかけを楽しむ「たね」が詰まった1冊になっています。

 あるとき、かがみのえほんを読んで「魔法だ!」と驚いたり、鏡像を追って思わずページの裏側を覗き込んだりする子どもがいました。不思議そうな顔で、ページを何度も閉じたり、開いたり。その様子は、かがみのえほんの内容を考えている時の、自分の姿とも重なりました。まず、ページを開いてすぐの「わぁ」という瞬間が、楽しい。その後、「どうして、そうなっちゃうの?」と不思議に思い、あれこれ考えているときもまた、面白いのです。『かがみのサーカス』には、どうして? と、じわじわ考えたくなる「たね」を、色々仕込んでおきました。左右のページを90度に開くと、不思議で立体的な絵を楽しめます。ぱたんと180度に開くと、たねも、しかけも、まるみえの状態になります。閉じたり、開いたりしながら、どうぞじっくり、お楽しみください。

(わたなべ・ちなつ)●既刊に『きょうのおやつは』『ふしぎなにじ』。

『かがみのサーカス』

福音館書店
『かがみのサーカス』
わたなべちなつ・さく
本体1、500円

(わたなべ・ちなつ)●既刊に『きょうのおやつは』『ふしぎなにじ』。