こどもの本

私の新刊
『ニット帽の天使 プロイスラーのクリスマス物語』  吉田孝夫

(月刊「こどもの本」2016年11月号より)
吉田孝夫さん

プロイスラーとクリスマス

「ホッツェンプロッツ」のシリーズや『クラバート』で知られるオトフリート・プロイスラーですが、この訳書は、真冬のボヘミアを舞台にした合計七篇のクリスマス物語集です。
 わたしは、冬のチェコ・ボヘミア地方を訪れたことはありませんが、別の季節に、隣国ドイツから国境を越えていったことはあります。今から十五年以上前のことで、もう昔話の部類かもしれません。ドイツ側を車で走っているうちは、広い舗装道路と立派な農家の屋敷が目をひきましたが、人もまばらな検問所を過ぎ、チェコ側へと入った途端に、いつしか道の舗装はあやしくなり、村を抜ける狭い古道にカーブも増えて、そのうえドイツの農家と比べれば明らかに見劣りのする、小さく古ぼけた農家の庭先には、ぬかるみを残す、でこぼこの土と雑草の地面が見えるばかりでした。そしてその上を、アヒルだか鵞鳥だかの家族が、自由気ままに歩きまわっています。
 この質素な農村に住んでいるのは、どんな人たちなんだろう、と思う間もなく、車は先へと進んでいきました。やがて道は小高い場所に出て、ふと見れば、とてつもなく広いボヘミアの森が、眼下に広がっていました。
 プロイスラーは、このボヘミアに生まれ、後に南ドイツに移り住んだ人ですが、故郷への彼の思いは多くの作品に織りこまれています。そしてこの『ニット帽の天使』は、年齢も職業もさまざまな地元民を登場させながら、故郷のクリスマスの情景をみごとに描き出しています。
 異教的・魔術的な雰囲気をもつ『クラバート』に比べれば、この『ニット帽の天使』は、プロイスラーとキリスト教信仰の関わりを、より直接的に表現していると言えるでしょう。教会の小難しい教えとはちがう、一般の村びとたちの心に生きるキリスト教がどういうものなのか。それをこの物語集は、やさしく楽しく教えてくれます。
 ちなみに、「サンタクロース」はまったく登場しません。村びとたちには、もっと親しいものがいたようです。

(よしだ・たかお)●既訳書に『わたしの山の精霊ものがたり』『かかしのトーマス』、著書に『語りべのドイツ児童文学』など。

ニット帽の天使 プロイスラーのクリスマス物語
さ・え・ら書房
『ニット帽の天使 プロイスラーのクリスマス物語』
オトフリート・プロイスラー・作
ヘルベルト・ホルツィング・絵
吉田孝夫・訳
本体1、400円