こどもの本

私の新刊
『ゆうだちのまち』 杉田比呂美

(月刊「こどもの本」2016年9月号より)
杉田比呂美さん

もうひとつの『ゆうだちのまち』

 不思議な夕立を、一度見たことがあります。空を見上げると、マシュマロのような形をした雲が、ぽこぽこと何層にも連なっているのです。今までに見たことのない雲でした。しばらく雲を眺めていると、ぽつぽつと雨が降ってきたと思うやいなや、一気にばしゃばしゃと大雨になってしまいました。
スーパーマーケットの日よけの下で雨宿りをしていると、10分ほどで、夕立は過ぎ去っていきました。あのマシュマロのような雲。なんとも不思議で、もう一度見てみたいな、と思っています。
 夏の午後、駆けぬけるように激しく降る雨、夕立。
 夕立は、街の風景を一変させます。雨水は川のように流れ、道路の側溝へどんどん吸い込まれていきます。激しい雨音にあたりの会話や物音はかき消され、ときおり通る車のタイヤが道路の雨水をかきわけながら、ざあーっという音を連れて走っていきます。そして夕立が去ったあと、草木の緑はくっきりと鮮やかになり、街の空気は埃っぽさが流されたのか、いくぶん澄んで、すがすがしさがただよいます。まるで夕立が、街全体を洗ってくれたかのようだ、といつも思うのです。
 わたしたち大人にとっては困りものの夕立ですが、子どもたちにとっては、そうではないかもしれません。強い雨の中へとびこみ、体で雨を感じてみたくなるのではないでしょうか。
 かくいう私も、夕立の時に、ずっと試してみたいと思っていることがあります。それは、勢いよく落ちてくる雨の下で、シャワーのように、シャンプーで頭を洗うこと! もちろん、恥ずかしいので実行はしませんが、そう思ったことのある人は、少なくないのではないでしょうか。
『ゆうだちのまち』という絵本を描きました。女の子とお父さんが、外出先で夕立に遭遇します。さてさて、夕立を知らない女の子は、どんな気持ちになるのでしょうか。夕立の匂いや音、街や人びとの様子といっしょに楽しんで頂けたら嬉しいです。

(すぎた・ひろみ)
●既刊に『12にんのいちにち』『ひとりぼっちのくうくう』『ポモさんといたずらネコ』など。
『ゆうだちのまち』

アリス館
『ゆうだちのまち』
杉田比呂美・作
本体1、300円