こどもの本

私の新刊
『海色のANGEL』 池田美代子

(月刊「こどもの本」2016年5月号より)
池田美代子さん

入れ替わり願望

 原作は手塚治虫の『エンゼルの丘』。(一九六〇年から『なかよし』に連載)主人公は小さな島の人魚姫「ルーナ」。ある罪を犯したために死刑を宣告される。姫は心やさしく美しく清らかで、女の子なら一度は憧れるヒロインである。一方、ルーナと瓜二つの顔を持つ人間の少女「あけみ」は、自由奔放な等身大の少女として描かれている。
 双子(のようにそっくりの子ども)の入れ替わりは、古今東西、わりとよくある物語で、ちょっと思いつくだけでも、ケストナーの『ふたりのロッテ』やマーク・トウェインの『王子と乞食』、男女の入れ替わりであれば、古典の『とりかへばや物語』など。現代においても、ドラマや漫画にも使われる設定である。それだけ、多くの人の願望であるような気がしてならない。
 私は幼い頃、世界のどこかに自分にそっくりの他人がいるかもしれない、もし、入れ替わることができたら、どんなに楽しいだろうかと妄想した。親から禁じられているあれやこれやをやってみたい。勉強もせず、時間を気にせず、遊び呆けていたいと企んでいた。「自分ではない他人」。しかし「自分とそっくりの他人」だからこそ、わくわくする。
 まさに、『エンゼルの丘』では、私と同じように考えたあけみが、勉強や習い事をしたくないために、ルーナに入れ替わってもらう。しかし、結局、あけみ自身もルーナと間違えられたため、事件に巻き込まれて、とんでもない冒険をする羽目になってしまう。
 だが、私はせっかく入れ替わるなら、ルーナも「ノア」(原作ではあけみ)もお互いの成り代わりを楽しんでほしいと考え、大胆にアレンジしてしまった。ルーナは人間の少女として学校生活を積極的に楽しみ、ノアは姫として戦う。
 幼い頃のように、手塚治虫が作った世界で遊び、ヒロインのふたりになった気分で、入れ替わりを楽しんでいる。読者の子どもたちも、同じように胸を躍らせ、さらに想像の世界を膨らませてくれるようにと願って。

(いけだ・みよこ)
●既刊に「新 妖界ナビ・ルナ」シリーズ、「摩訶不思議ネコ・ムスビ」シリーズなど。

『海色のANGEL』
講談社
講談社青い鳥文庫
『海色のANGEL』(全5巻予定)
池田美代子・作
尾谷おさむ・絵
本体各620円