こどもの本

『ときめき団地の夏祭り』 宇佐美牧子

(月刊「こどもの本」2016年4月号より)
宇佐美牧子さん

どんな生き方が得?

 私は、三人兄妹の真ん中に生まれました。兄がマイペースで妹の面倒を見るタイプではなかったせいで、私はいつしか、しっかり者のお姉さんキャラを引き受けていました。年下の妹が、自由で気ままに見えたものです。マイペースとしっかり者と自由人。どんな風に生きるのが得なんだろう?
 そんな思いが、胸の中にずっとありました。おかげで今も私は、どうすると得かな?と、つい物事を損得勘定で考えてしまうところがあります。一度その気持ちと向き合ってみようと、この物語を書きはじめました。 
 四年生の友里たちは、学校のボランティア活動で、木目木団地の夏祭りを手伝うことになります。木目木団地はお年よりばかり。そこで団地では、団地を活気づけようと、住人がお店を出したり教室を開いたりする、元気復活プロジェクトが行われていました。自治会長の黒田ゲンさんも、プロジェクトで豆腐屋をしていますが、足をけがして困っていました。
 それを知ったボランティアグループのリーダー、玲子ちゃんは、ゲンさんの豆腐の配達を手伝おうと言いだします。ボランティアなんて夏祭りの手伝いだけで十分、というサキラちゃん。大好きな野球優先でもいいならやってもいい、と考える吉田。友里は、やりたいような、やりたくないような気持ちです。
 四人の中で、誰が一番得なんでしょうか?
 物語を書き進めるうちに、友里たちと一緒に私も、人との関わり方や損得について、自分なりのこたえが見つけられた気がしています。
 今、私は木目木団地そっくりの住宅地に住んでいます。今年は、自治会の班長が回ってきました。班長の仕事が面倒だなと思うたびに、「地域に住むってのは、そういうことなんじゃないかな」というゲンさんの言葉を思い出し、気持ちを改めています。
 この物語のおかげで、私も少し、新しい物の見方が出来るようになったようです。

(うさみ・まきこ)
●既刊に『合い言葉はかぶとむし』『星おとし』。

『ときめき団地の夏祭り』
くもん出版
『ときめき団地の夏祭り』
宇佐美牧子・作
小栗麗加・画
本体1、300円