こどもの本

私の新刊
『お昼の放送の時間です』 乗松葉子

(月刊「こどもの本」2016年1月号より)
乗松葉子さん

学校でおこる小さなドラマ

 この物語は、放送委員に選ばれた女の子と男の子が、「お昼の放送」を通して心を通わせていくお話です。
 実は、創作のきっかけになったのは、私の娘のおしゃべりでした。
 当時、小学生だった娘は、学校でのできごとを、モノマネを交えながら上手に再現するのが日課でした。
 ある日、娘は「放送委員になった!」と大喜びで学校から帰ってきました。念願のお昼の放送を担当することになり、とてもはりきっている様子です。
 ところが、いざ放送が始まると、内容をめぐってペアを組んだ友達と対立したり、原稿を忘れてアドリブで放送したり、音量のつまみがぽろりととれたり、毎週のようにマンガのようなハプニングが起こります。
 かと思えば、クラスメートから思わぬ反響があったと、自慢げに報告することもありました。
「へえ、放送委員ってなんだか楽しそう!」と娘の話を聞きながら、私の頭の中には、突如、遠い昔の学校生活がよみがえりました。
 そうそう、学校って本当にいろんなことが起こるんだよなあ、と懐かしい気持ちでいっぱいになったのです。
 もちろん、今も昔も、学校は楽しいことばかりではありません。
 ちょっとした仲間はずれだったり、苦手な給食の酢豚だったり、とべないとび箱だったり。暗い気持ちで「明日、学校に行きたくないなあ」と思ったこともあったはずです。
 でも、そんな憂鬱のタネといっしょに、宝物のような楽しい瞬間がごろごろ転がっているのが、学校というところだったっけ。
 とりわけ、「絶対にこの子とは気が合わない!」と思っていた友達と、ふと心が通じた時の驚きとうれしさといったら。ああいう奇跡は、何十年たっても忘れません。
 あの頃、日々おこっていた小さなドラマは、すっかり大人になってしまっても、ふいにひょっこり顔を出して、その人を勇気づけてくれるような気がします。

(のりまつ・ようこ)
●本書が初の著作。

『お昼の放送の時間です』
ポプラ社
『お昼の放送の時間です』
乗松葉子・作
宮尾和孝・絵
本体1、200円