こどもの本

私の新刊
『ふたりのキズナと船の旅!』 南房秀久

(月刊「こどもの本」2016年1月号より)
南房秀久さん

本を書くという魔法

 少女はいわゆる剣と魔法の世界に住んでいる。お姫様ではない。貧しい街角の生まれで、この世界ではそう珍しくもない魔法使いのひとりだ。魔法の才能に恵まれているとは言えない。その上、思いつきで行動してはちょくちょく失敗する。ひどい目にあえば反省もするが、それも長続きはしない。自分が好きなことは一生懸命がんばるけれど、興味のないことはすぐに飽きる。曲がったことは嫌いだけど、自分のことは棚に上げる。たったひとつの取り柄といえば、動物と心で話せること。
 そんなトリシアという少女と僕が出逢ったのは、もう三十年以上も前のことになる。高校時代に最初に書いた小説にチラリと出てくる、主人公に救われる少女がトリシアだったのだ。あの頃からトリシアも、彼女が住む世界もほとんど変わっていない。書き手の方が、妹の突拍子もない行動にハラハラする兄の心持ちであったのが、思春期の娘を持つ父親のような気分に変わっただけだ。
 トリシアの物語も、故郷を離れた遠い海を舞台にしたこの『ふたりのキズナと船の旅!』で、もう二十冊だ。
 けれど、それだけ続けても書くことで悩んだ記憶はない。また、読者からどうやってお話を作るんですか、という質問を何度か受けたことがあるが、創作の秘密や秘訣みたいなものがある訳ではない。うまくは説明できないけれど、本を書くという魔法は僕にとっては、例えばこんな感じなのだ。
 深夜、音楽を流し、ソファーでお気に入りの本のページをめくっていると、いつの間にかトリシアは隣に座っている。そして、彼女がいることに気がついて微笑みを向けると、彼女は早口でとりとめのない話をしてくれる。僕は黙って耳を傾け、書き留めているに過ぎない。この本を手にし、応援してくれるみんなと同じように今を楽しみ、悩み、同じように笑ったり泣いたりする、ごく普通の女の子の、ささやかな冒険を。僕が続けてきたのは、ただそれだけのことなのだ。

(なんぼう・ひでひさ)
●既刊に「錬金術師のタマゴたち」シリーズ、「華麗なる探偵アリス&ペンギン」シリーズなど。

『ふたりのキズナと船の旅!』
学研プラス
トリシアは魔法のお医者さん!!
『ふたりのキズナと船の旅!』
南房秀久・作
小笠原智史・絵
本体760円