こどもの本

私の新刊
『しんぱいなことが ありすぎます!』 工藤純子

(月刊「こどもの本」2022年5月号より)
工藤純子さん

心配しすぎませんように!

 小学一年生のころ、心配性の娘は、毎日すべての教科書を持って学校に行っていました。宿題をやり忘れた日には、「今日は、学校を休む」と玄関でしくしく泣きだす始末。親の私は訳も分からず「それくらい、大丈夫だから」と、おろおろするばかり。しかしある日、ハッと思い出しました。

 もう何十年も前のこと。そういえば私も、その日使わない教科書までランドセルにつめこんで、毎日学校に行っていたのです。なぜかというと、先生に叱られたり、みんなの前で「忘れました」と言ったりするのが怖いから。忘れ物をしてしまったときの、あの絶望感! 大人にとっては些細なことでも、子どもにとっては、世界がひっくり返るほどの大問題でした。

 忘れることなんて誰にでもあります。今思えば、忘れたら借りればいいし、なくてもなんとかなるもの。でも、子どものころは「忘れ物をしてはいけない」という強迫観念でいっぱいでした。初めての経験ばかりの子どもの頃は、真面目な子ほど、緊張して過ごしているのかもしれません。

 小学校時代は、どんどん失敗していい時期だと私は思っています。失敗すればそこから学びがあるし、失敗した後どうするかの方が、大切だと思うからです。うちの息子は、忘れ物やうっかりで、先生に叱られてばかり(まさに、かずまタイプ!)。そのせいで、先生に助けを求められず、危うく大きな事故につながるところでした。

 教室には、ももみたいに心配性な子もいれば、かずまのように楽天的な子もいます。みんな違うし、得意不得意もあります。いいところを認め合い、互いに助け合える。学校は、そんな場所であって欲しいと思うのです。

 失敗、おおいに結構! 失敗を恐れていては何もできません。大人にできることは、子どもが安心して失敗し、不安を口にだせる環境を作ることではないでしょうか。

 子どもたちが、心配しすぎませんように。この本のももみたいに、肩の力を抜いてもらえたら嬉しいです。

(くどう・じゅんこ)●既刊に『サイコーの通知表』『てのひらに未来』「リトル☆バレリーナ」シリーズなど。

『しんぱいなことが ありすぎます!』
金の星社
『しんぱいなことが ありすぎます!』
工藤純子・作/吉田尚令・絵
定価1,320円(税込)