“さがしています。こんな本”

月刊「こどもの本」2015年12月号より

クリスマスにおくる一冊の本2015


クリスマスの夜はしずかにね!

ジュリー・サイクス 作/ティム・ワーンズ 絵/なかおえつこ 訳(一五〇〇円 文溪堂)

子どもたちにプレゼントを届けるのが、うれしくてしかたのないサンタさん。ついつい大きな声を出したり、ころんで大きな音をたててしまいます。 さて、サンタさんはみんなを起こさずに、静かにプレゼントを配ることができるのでしょうか。 ISBN978-4-89423-156-6(幼児から)


スノーベアとであったひ

サイード 作/マリーネ・ルーディン 絵/はたさわゆうこ 訳(一五〇〇円 鈴木出版)

雪深い森の中、主人公の女の子が木いちごを摘みにでかけたら、そこにぽつんとたたずむひとつの冷蔵庫。あけてみると、スノーベアと名乗る大きなシロクマが現れて…。少女とスノーベアの交流を、やさしいイラストで描いたハートフルファンタジーストーリー。冬の夜、眠る前の読み聞かせに選びたい絵本です。クリスマスの贈り物にもぴったり! ISBN978-4-7902-5282-5(4歳から)


しろちゃんとはりちゃん

たしろちさと 作・絵(一二八〇円 ひかりのくに)

しろうさぎのしろちゃんと、はりねずみのはりちゃんは大の仲良し。森の家で一緒に住んでいます。しかし、ちょっとしたことで大ゲンカに。大雪の中へ飛び出して行ったまま帰ってこないはりちゃんのことが心配で、妄想が膨らんで…。果たして2人は仲直りできるのか…? クリスマスを一緒に過ごしたい一番大切な人のことを思って読んでほしい1冊。 ISBN978-4-564-01853-4(幼児から)


きっと きっと まもってあげる

マーク・スペリング ぶん/レイン・マーロウ え/やまねもとよ やく(一三〇〇円 評論社)

ぼうやを守ってくれるのはママ。ぼうやとママを守ってくれるのは船長さん。嵐の海で船を導き、守ってくれるのはお星さま。じゃあ、お星さまはだれが守るの?……いつもだれかがだれかを見守っていることを、やさしく伝える絵本です。レイン・マーロウのすばらしいイラストに、やまねもとよさんの簡潔で美しい訳文を添えておおくりします。 ISBN978-4-566-08003-4(幼児〜小学低学年)


賢者のおくりもの

オー・ヘンリー 原作/いもとようこ 文絵(一三〇〇円 金の星社)

デラとジムは貧しい夫婦。プレゼントを買うため、デラは長い髪の毛を売って、ジムの金時計にぴったりのくさりを手に入れます。しかし、ジムは金時計をお金に換えて、デラの髪に似合うくしを買っていました。お互いを思いやるがために起きた、切ないすれ違いのお話です。贈り物の多いこの季節に、本当の賢さや豊かさについて考えてみませんか? ISBN978-4-323-03623-6(読み聞かせなら幼児から、一人読みなら小学低学年から)


プレゼント、あけてみて!

おおでゆかこ 作(一五〇〇円 あかね書房)

今日はプレゼント交換の日。どうぶつたちが相手のことを考えておくりものをします。気になる中身は…。最後には、ハリネズミの家へみんなで集まります。どんなプレゼントが待っているのでしょう。気になるおくりものの中身はフラップを開けると見えるしかけになっています。楽しくてかわいい、プレゼントにぴったりのしかけ絵本です! ISBN978-4-251-09888-7(幼児から)


だれも知らないサンタの秘密

アラン・スノウ さく/三辺律子 やく(一五〇〇円 あすなろ書房)

サンタはどこに住んでいるの? みんなの欲しいものを知っているのはなぜ? トナカイ飼育法から煙突に入るためのストレッチまで、今まで謎のベールに包まれてきたサンタの極秘情報満載! 子どもはもちろん、子どもたちの素朴な質問に苦労している大人にもおすすめです。クリスマスが100倍楽しくなる絵本。 ISBN978-4-7515-2285-1(小学低学年から)


もりでいちばんのクリスマスツリー

いりやまさとし 作(一三〇〇円 佼成出版社)

森でクリスマスツリーのコンテストが開かれることになりました。審査員は物知りのふくろうじいさんです。機嫌がいいときは「おっほん」と咳払いが出るふくろうじいさん。みんなは、たくさん咳払いをしてもらおうと、夢中になってツリーを作るのですが……。クリスマスの夜にぴったりの、優しい気持ちになれる絵本です。 ISBN978-4-333-02718-7(3歳から)


だいすきなサンタさんへ

キャスリン・ホワイト 文/ポロナ・ラブシン 絵/ゆりよう子 訳(一六〇〇円 ひさかたチャイルド)

もうすぐクリスマス。くまくんは、野原でサンタさんあての手紙を拾いました。「この子、プレゼントがもらえなかったら、がっかりするだろうなぁ…」くまくんは、お友達のうさちゃんに言いました。「いっしょに迷子の手紙をサンタさんに届けに行こう!」かわいい2人の大冒険。無事にサンタさんのところに行けるかな? ISBN978-4-86549-048-0(幼児から)


ハーブいっぱいのクリスマス

あんびるやすこ 作・絵(一〇〇〇円 ポプラ社)

もうすぐクリスマス。魔法の庭では、ハーブをつかってクリスマスの準備をします。みなさんも、ジャレットといっしょにハーブでクリスマスを楽しんでみませんか? 大人気シリーズ「魔法の庭ものがたり」の主人公・ジャレットが教えるハーブの実用書! クリスマスについての知識が深まると同時に、たくさんのハーブクラフトを楽しめる1冊です。 ISBN978-4-591-14150-2(小学中学年から)


ねむいねむいねずみのクリスマス

ささきまき 作・絵(一〇六八円 PHP研究所)

ねむいねむいねずみが、雪の夜道を旅しています。ねむくて凍え死にそう。すると天の助けか、1台のそりがとまっていました。それはなんとサンタクロースのそりだったのです。なにも知らずに、ねずみはサンタクロースのふくろのなかでねむってしまいました。次の日の朝、ねずみが目をさましたのは、こども部屋のくつしたのなかでした。 ISBN978-4-569-58629-8(4、5歳から)


なぜ、クリスマスツリーをかざるの?

岩倉千春 脚本/アリマジュンコ 絵/常光 徹 監修(一七〇〇円 童心社)

クリスマスがちかづいてくると、魔物たちがうごきだします。メアリーの家におばけや魔女がやってきました! どうしたらいいの? 西洋につたわるお話をもとに、クリスマスの起源や由来をわかりやすく伝える紙芝居です。 ISBN978-4-494-07658-1(4歳から)


くるみわり人形

ウォーカー・ブックス 文/ニルート・プタピパット 絵/中井川玲子 訳(三〇〇〇円 大日本絵画)

『クリスマスのまえのよる』『ジングルベル』(弊社刊)の著者が描く、クリスマスのしかけえほん第3弾。チャイコフスキーのバレエ「くるみわり人形」のお話。繊細な切り絵で作られた幻想的なお菓子の国のポップアップは圧巻です! 小学生から大人まで楽しめる絵本です。贈り物にもどうぞ。 ISBN978-4-499-28632-9(小学中学年から)


トリック・クリスマス・ファンタジー

マシュー・ラビリンス 作/イヌイ・コウスケ 日本版(一三〇〇円 小学館)

「クリスマスの町には、不思議がいっぱい!」物語といっしょに目の錯覚の不思議な感覚を楽しむ絵本です。脳科学の研究がすすみ、錯視(目の錯覚)の技術も進歩しています。絵が動き出したり、かたむいたり、同じ色がちがって見えたり…おどろきながら読んでもらえる本になりました。巻末には、トナカイの顔が動くペーパークラフトのおまけ付き! ISBN978-4-09-726614-3(小学生から)


くるみ割り人形 白鳥の湖 バレエ名作物語

ひかわ玲子 著/碧 風羽 絵(六〇〇円 集英社)

人気バレエ作品が、夢いっぱいの小説に! 世界中で愛されている、チャイコフスキーの名作バレエ「くるみ割り人形」「白鳥の湖」が、ファンタジーの名手・ひかわ玲子によるロマンチックなファンタジー小説になりました。有名な踊りの場面もたくさん盛り込まれています。クリスマスの贈り物にもぜひ! ISBN978-4-08-321126-3(小学中学年から)


しんかんせん いま・むかし

もちだあきとし ぶん・しゃしん(一二〇〇円 小峰書店)

2015年3月開業の北陸新幹線を走る最新のE7系から新幹線のレジェンドである0系まで、登場した順番に、全ての新幹線車両を紹介します。人気のドクターイエローや、夢の新幹線リニアモーターカーも、登場! 迫力のある写真と、コンパクトにまとめられた情報が、ちび鉄デビューにぴったり。前からも後ろからも読める、楽しい乗り物写真絵本。 ISBN978-4-338-29401-0(5、6歳から)


名作で読むクリスマス

青い鳥文庫編集部 編/こだまともこ 解説/藤田 香 カバー絵(六五〇円 講談社)

〈名作に登場するクリスマスをたどっていくと、どれも心と心をつなぐ美しい場面になっていることがよくわかります。〉(解説より)小学生に人気の青い鳥文庫『赤毛のアン』『賢者の贈り物』『十五少年漂流記』『若草物語』『大草原の小さな家』など10作品から、心あたたまるクリスマスのシーンを集めました。お気に入りの本がみつかる読書案内にも。 ISBN978-4-06-285528-0(小学中学年から)


トリフのクリスマス

アンナ・カリー さく/松波史子 やく(一四〇〇円 くもん出版)

ネズミのトリフは、サンタさんへのお願いを、自分のためのフラフープか、弟や妹のための大きな毛布かで悩んでいました。結局、フラフープと手紙に書いて送ったトリフでしたが、夜になるとやっぱり後悔。お願いを変えたいとサンタさんに伝えるため、トリフはひとりで出かけることに決めました……。トリフの健気な願いが胸にせまる絵本です。 ISBN978-4-7743-0486-1(幼児から)


とじこめられたモルモットを助けて!

タチアナ・ゲスラー 著/中村智子 訳(八八〇円 学研プラス)

もうすぐクリスマスを迎えるという冬のある日、マリーのくらす動物病院や近くの牧場に、動物の入った小さな箱が次々に届きました。犯人はいったいだれ? なんのためにこんなことをするの? マリーと親友のマイケ、マルクスはこのなぞに立ち向かうのですが、そこには、悲しいひみつがかくされていました。「動物病院のマリー」シリーズ第5弾。 ISBN978-4-05-204170-9(小学中〜高学年)


おおきいツリー ちいさいツリー

ロバート・バリー さく/光吉夏弥 やく(一三〇〇円 大日本図書)

もうすぐクリスマス。ウィロビーさんの屋敷に届けられたのは、おどろくほど大きなツリー。天井につっかえてしまうので、先っぽを切りました。ツリーの先っぽは、次の持ち主の家の大きさに合わせて、どんどん小さくなっていって……⁉ ツリーがみんなに幸せを運ぶ、クリスマスにぴったりの絵本です。 ISBN978-4-477-01141-7(幼児〜小学低学年)


あかり

林 木林 文/岡田千晶 絵(一三〇〇円 光村教育図書)

1本のろうそくがともすやさしいあかりは、少女の心のよりどころでした。少女の成長の節目ごとに火はともされ、少女は大きくなり、ろうそくは小さくなっていきました。やがて少女は大人になり、ろうそくは木箱の中で長い時間を過ごすようになり…。「いのち」をテーマに、生きることの意味とその喜びを静かに描いた、心ゆさぶる感動ファンタジー。 ISBN978-4-89572-881-2(幼児から)


ひとりぼっちのオルガン

しおたになおや 文/イタクラヨウイチ 絵/渡部富栄 英訳(一六〇〇円 保育社)

年齢を問わず、生きづらさを感じ自信をなくした人々を勇気づけるための1冊。背景にあるのはキリストの教えであるが、キリスト教徒以外の方にも理解しやすい内容としている。虐待やいじめなどでつらい思いを抱える子どもたちにも伝わってほしいと願い、やさしい言葉で表現している。讃美歌と挿絵のアニメーションをAR(拡張現実)で視聴できる。 ISBN978-4-586-08534-7(小学高学年から)


クリスマスの森

ルイーズ・ファティオ 文/ロジャー・デュボアザン 絵/つちやきょうこ 訳(一三〇〇円 福音館書店)

クリスマスプレゼントを届けに空へ飛び立ったサンタクロース。それまでおもちゃづくりに忙しかったために眠くなってしまいます。そこで、眠気覚ましにコーヒーを飲もうと森の外れにそりをとめて一服します。サンドイッチも食べたサンタクロースは、おなかいっぱいでつい眠り込んでしまいます。それを見つけた森の動物たちは……。 ISBN978-4-8340-8105-3(5歳から)


どうしてクリスマスには…

二宮由紀子 文/木曽秀夫 絵(一三〇〇円 文研出版)

どうしてクリスマスには、サンタクロースがトナカイのひくそりにのってやってくるの? どうしてクリスマスには、まちのあちこちにもクリスマスツリーがかざられているの? クリスマスの素朴な疑問にナンセンスなお答えを用意しました。ええっ! なんで? みんなで一緒に読んでもらえたら、もっともっとおもしろくなる絵本です。 ISBN978-4-580-82010-4(幼児から)


クリスマスイヴの木

デリア・ハディ 文/エミリー・サットン 絵/三原 泉 訳(一六〇〇円 BL出版)

森からはこばれたたくさんのモミの木は、クリスマスツリーとなって町のひろばや家にかざられます。イヴになっても店にとりのこされた小さくひょろひょろのモミの木が、ひとりの男の子の手にわたり……。だれからも見向きもされないモミの木におこったすばらしい奇跡。クリスマスにぴったりの優しくあたたかな物語をていねいな絵で描きます。 ISBN978-4-7764-0719-5(小学低学年から)


いもうとガイドブック

ポーラ・メトカーフ 文/スザンヌ・バートン 絵/福本友美子 訳(一五〇〇円 少年写真新聞社)

「もらっていちばんうれしいおくりものは、いもうとよ」と、ママは言いました。でも、小さいいもうとがいると、おねえちゃんは大変です。いもうとはどこへでもついてくるし、なんでもマネするし……。でも、いいこともたくさんあります。それはどんなことかって? それは、この本を読めばわかります。 ISBN978-4-87981-520-0(3歳〜小学中学年)


ホワイトクリスマス

ウォルター・デ・ラ・メア 詩/カロリーナ・ラベイ 絵/海後礼子 訳(一四〇〇円 岩崎書店)

しんしんと降る雪が次第にあたり一面を白に変える……魔法のような時間を描く、詩の絵本。デ・ラ・メアの詩のはりつめた美しさを、ラベイの絵が、楽しいクリスマス絵本に昇華させています。装丁も美しく、冬の贈り物にぴったりです。 ISBN978-4-265-85077-8(5、6歳から)


もしも せかいが たべもので できていたら

カール・ワーナー 写真・文/今井悟朗 訳(一四〇〇円 フレーベル館)

写真家カール・ワーナーが贈る不思議で魅惑的な食べ物の世界。メディアにも取り上げられる写真作家の日本初の翻訳絵本です。もしも世界がすべて黄色だったら、赤だったら…色をテーマにすべてが食べ物で作られた世界が、美しい写真で味わえます。クリスマスプレゼントにもぴったり! 探し絵遊びもできて、家族みんなで楽しめます。 ISBN978-4-577-04309-7(3歳から)


町にながれるガブリエラのうた

キャンデス・フレミング さく/ジゼル・ポター え/こだまともこ やく(一五〇〇円 さ・え・ら書房)

運河や路地がくねくねと走る、美しいヴェネチアの町で、すばらしいできごとが! 大ぜいの人たちが、美しいメロディを口ずさんでいるのです。そのメロディを作ったのはガブリエラという女の子。ガブリエラのうたにパン屋さんはわらい、だんなさんをなくした女の人は涙をうかべ、ゴンドラ乗りはうっとり……音楽の力をたたえる美しい絵本です。 ISBN978-4-378-04142-1(小学低学年から)


ふたりはクリスマスで

イローナ・ロジャーズ さく・え/かどのえいこ やく(一〇〇〇円 そうえん社)

もうすぐクリスマス。ハニーとネズおじさんはクリスマスツリーをさがしに、森に行くことにしました。森のなかをどんどん歩いていくと…?角野栄子の訳による、イギリスからやってきた、世界一なかよしなふたりぐみ・小さな女の子のハニーとすこしかわったベビーシッターのネズおじさんの絵本。 ISBN978-4-88264-341-8(小学低〜中学年)


おしゃべり森にゃあ!

長崎夏海 作/小倉まさみ 絵(一三〇〇円 新日本出版社)

学校のかえり道。あさひがでたらめ歌をうたいながら歩いていると、小さなあき地にねこが1ぴき、2ひき、3びき─ねこのしゅうかいです。あさひがねこになった気分で近づくと……。ねこたちのおしゃべりが聞こえてきました。「あんたのおしゃべりのばん」ぶちねこがあさひをみました。あんたってあたしのこと─⁉ 夢みる力でぼうけんに! ISBN978-4-406-05946-6(小学低学年)


クリスマスまであと九日

エッツ&ラバスティダ 作/たなべいすず 訳(一四〇〇円 冨山房)

もうすぐクリスマス。メキシコの小さな女の子セシは、クリスマスの九日まえからはじまるポサダという特別のお祝いを初めてしてもらえることになり、期待に胸をふくらませています。その日、心やさしいセシは、思いもかけない奇跡にであうことになります。メキシコの友人から聞いた話をもとに作者が描いた1960年コルデコット賞に輝く絵本です。 ISBN978-4-572-00204-4(小学低学年から)


サンタさん ありがとう! からっぽのくつした

リチャード・カーティス 作/レベッカ・コップ 絵/木原悦子 訳(一四〇〇円 世界文化社)

双子の女の子、サムとチャーリー。サムは、みんなが認める素直でいい子のグッド・ガール。チャーリーは、いたずらしてばっかり。あるクリスマスの夜、サンタさんはチャーリーの靴下に、ぎっしりプレゼントを詰め、サムの靴下には何もいれずに帰りました。そう、ふたりを間違えたのです。それを知ったチャーリーは? ISBN978-4-418-12814-3(小学高学年から)


おうちでかんたん こうじづくり

小倉ヒラク&コージーズ 作(一五〇〇円 農文協)

つぶつぶのお米がこうじ菌の魔法にかかると、雪のようにふわふわで、あま〜いこうじに変身! こうじ菌のヒミツがわかるアニメ&ダンス「こうじのうた」や、家庭で気軽にできるこうじの作り方、こうじを使ったプリンやお漬物などの作り方をDVDと絵本で楽しく紹介。冬はこうじづくりに最適な季節。親子でこうじ菌をそだててみませんか? ISBN978-4-540-15108-8(小学低学年から)


こねこのみつけたクリスマス

マーガレット・ワイズ・ブラウン 文/アン・モーティマー 絵/中川千尋 訳(一三〇〇円 ほるぷ出版 きっと、もうじきクリスマス。どうしてわかったの? ゆき? もみの木のにおい? それとも……。幼い子どものためのすぐれた作品を数多く残した作家マーガレット・ワイズ・ブラウンのわかりやすくてリズミカルな文章と、アン・モーティマーの色鮮やかな絵で、こねこの目にうつったクリスマスの謎と美しさを描きました。 ISBN978-4-593-50319-3(5歳から)


まあちゃんとりすのふゆじたく

かとうまふみ 作・絵(一四〇〇円 アリス館)

まあちゃんが、あつめたどんぐりを木の穴に入れておいたら、なくなっていました。するとりすがやってきて、どんぐりのお礼に、森の動物たちの冬じたくを見につれていってくれます。くまさん、かえるさん、みんなどんな冬じたくをしているのでしょう。美しい絵で、想像力豊かに森の冬じたくを描いた絵本。 ISBN978-4-7520-0729-6(3歳から)