“さがしています。こんな本”

月刊「こどもの本」2012年5月号より

沖縄の本 No.1

 娘の小学校卒業記念に念願の沖縄へ。のんびりと楽しい時間を過ごしてきましたが、それだけではない沖縄の歴史、現状についても娘に伝えたいと思いました。沖縄について書かれた本を紹介してください。(東京都・母親)

ホタルの国から

-沖縄・久米島のクメジマボタル-
さとうなおみ、さとうふみやす/写真・文(新日本出版社 本体1400円)

世界中で久米島にしかすんでいないクメジマボタルは、県の天然記念物ですが、絶滅が心配されています。ホタルを育む自然の大切さを訴えかけます。(小学中学年から)

サンゴしょうの海

本川達雄/文・松岡達英/絵(福音館書店 本体1300円)

サンゴ礁を中心とした、食う食われるの関係や、カニや魚とのたくみな共生など、美しいサンゴ 礁の海で繰り広げられる自然の姿を紹介します。(小学中学年から)

とべ!人工尾びれのイルカ「フジ」

世界初のプロジェクトに挑戦した人びと
真鍋和子/文(佼成出版社 本体1500円)

美ら海水族館のイルカ・フジは、病気で尾びれを失い、人工尾びれを装着することに。人々の優しさと最先端の技術が、沖縄の地で結集します。(小学中学年から)

エイサー!ハーリー

九州国立博物館/文・原案・山﨑克己/絵(フレーベル館 本体1000円)

九州国立博物館メインエントランスを飾る目玉的収蔵品「ハーリー船」を主人公に、「沖縄の祭り」と文化を描きます。(幼児からおとなまで)

みりょくとふしぎにせまる!沖縄の大研究

自然・文化・歴史から人々のくらしまで
屋嘉宗彦/監修(PHP研究所 本体2800円)

色とりどりのハイビスカス、魔よけのシーサー、伝統料理のちんすこう……。沖縄独自の自然、文化を、楽しい写真やイラストを交えて紹介!(小学高学年から)

てっぽうをもったキジムナー

たじまゆきひこ/作・絵(童心社 本体1500円)

沖縄のおおきな木にはキジムナーという妖怪が住んでいます。太平洋戦争末期、キジムナーに助けられた沖縄の少女、さっちゃんの物語。(幼児から)

頭のいい子を育てるおはなし366

1日1話3分で読める
主婦の友社/編(主婦の友社 本体2300円)

いつか出会いたい不思議な子ども「木の精キジムナー」のお話と、沖縄に伝わるとても切ない「南の島のクマ母さん」のお話を子守唄にどうぞ。(小学低学年)

沖縄まるごと大百科(全5巻)

宮城 勉・他/監修・渡辺一夫・他/文・写真(ポプラ社 本体各2800円)

「沖縄」をあらゆる面から徹底解明したシリーズです。自然、くらし、産業、ことばと文化、歴史の5巻を現地での取材による情報と写真で構成。(小学高学年から)

海を歩く 海人オジィとシンカの海

西野嘉憲/写真・文(ポプラ社 本体1300円)

沖縄県にある石垣島の徳勝オジィは、海人のみんなから尊敬されています。幸せそうな表情に隠された過酷な人生とは? 幸せを考える絵本。(小学高学年から)

魂(マブイ)

佐藤佳代/作・影山 徹/装画・挿画(金の星社 本体1200円)

私は沖縄本島の病院で生まれ、離島に移った。週末だけ帰ってくる母。夏と冬だけ会いに来る父。出会いと別れ、沖縄の空と海と島の人々。魂の成長物語。(小学高学年から)

シマが基地になった日

沖縄伊江島二度めの戦争
真鍋和子/著(金の星社 本体1200円)

太平洋戦争終結後、沖縄にもう一つの戦争があった。伊江島で起きた強制立ち退きの事実と、非暴力を揚げて戦いを続けた阿波根昌鴻さんの半生を描く。(小学高学年から)

ブーゲンビリアの咲く町で

山田もと/作・難波淳郎/画(金の星社 本体1300円)

昭和19年・夏、長い歴史を持つ美しい町首里が消えた。沖縄が焼土と化す前、力づよく生きぬこうとした少年を通して、戦争への怒りを描きます。(小学高学年から)

リュウキュウアユ、かえってきてね

真鍋和子/文・土田義晴/絵(教育画劇 本体1200円)

一度は絶滅した沖縄固有のアユの復活にとりくむ大人たちと、アユとともに成長する子どもたちを描きます。本当にあった話をもとにしています。(5歳から)

赤い髪のミウ

末吉暁子/著・平澤朋子/画(講談社 本体1400円)

不登校で久高島にある施設にやってきた小6の山川航が、赤い髪の女の子や島の人々との交流を通じて、一歩成長していくさまを描いた物語です。(小学高学年から)

野坂昭如戦争童話集 沖縄篇

ウミガメと少年

野坂昭如/著・黒田征太郎/絵(講談社 本体1800円)

けっして忘れてはならない、あの戦争の記憶。沖縄戦で家族を失った少年と、大海をわたるウミガメをとおして、くり返してはならない悲しみを描く。(小学中学年から)

野坂昭如戦争童話集 沖縄篇

石のラジオ

野坂昭如/著・黒田征太郎/絵(講談社 本体1800円)

昭和20年8月15日、洞穴の中で少年が死にました。お父さんが造ってくれた鉱石ラジオを大事に抱えながら……。沖縄戦の惨劇を今に伝える戦争童話。(小学中学年から)