“さがしています。こんな本”

月刊「こどもの本」2012年1月号より

おふろの本

 寒い季節はゆっくりおふろであたたまりたい!と思うのに2歳の娘はおふろがだいきらい。毎晩入らないと言って大騒ぎです。おふろの気持ちよさが伝わってくるような、おふろに入りたくなる本はありませんか。(東京都・会社員)

おふろでちゃぷちゃぷ

松谷みよ子/ぶん・いわさきちひろ/え(童心社 本体七〇〇円)

あひるちゃんがね、いいとこいくんだって。タオルをもって、せっけんもって……いいとこってどこ? いっしょにおふろへいきたくなる絵本。(1歳から)

かいぞくぶろ

越水利江子/さく・渡辺有一/え(新日本出版社 本体一二〇〇円)

かぜをひいて海に行けないあやちゃん。熱がさがったあやちゃんを、おじいちゃんはおふろの〝海〟につれて行ってくれました─。(小学低、中学年)

ようこそドングリおんせんへ

北村けんじ/さく・宮本忠夫/え(新日本出版社 本体一二〇〇円)

フウコはおじいちゃんが大好き。おじいちゃんは、ドングリ林に落ち葉を集めて、フウコのための「温泉」をつくってくれました─。(小学低、中学年)

おふろでじゃぶじゃぶ

かろくこうぼう/作(フレーベル館 本体七〇〇円)

ぶたの親子の至福の入浴タイムを木の立体制作物でリアルに再現した写真絵本。心も体も、ほっこり温まる1冊です。(1歳から)

おふろのなかではっくしょん

矢崎節夫/作・高畠 純/絵(フレーベル館 本体一〇〇〇円)

ユミがお風呂に入ろうとすると、中から「はっくしょん!」とだれかのくしゃみが! お風呂に入るのが楽しくなるユニークなお話。(小学低学年から)

シャンプーなんて、だいきらい

アンバー・スチュアート/文・ローラ・ランキン/絵・おおつかのりこ/訳(徳間書店 本体一四〇〇円)

うさぎのポップは、耳をシャンプーするのが大の苦手。いろんな作戦で耳を洗わせないようにするので、ママも困り顔。でもある日、いとこのお兄ちゃんが来て…?(3歳から)

おにいちゃんだから

福田岩緒/作・絵(文研出版 本体一二〇〇円)

お父さんとお母さんはすぐに「おにいちゃんだから」っていう。ぼくは、弟のたかしが大きらい。おふろもいっしょにはいらされる。たかしはあついおふろが大すきだ。もうがまんできない。(幼児〜小学低学年)

はじめてのゆうき

そうまこうへい/作・タムラフキコ/絵(小峰書店 本体一一〇〇円)

としおはお父さんが大好き。何でも話すけど、最近かくしていることがある。それは…。おふろでの父子の語らいが、あたたかく描かれます。(小学低学年から)

さむがりやのゆきだるま

みたむらのぶゆき/さく・おのかおる/え(小峰書店 本体一一〇〇円)

雪の日にであった、さむがりやのゆきだるま。うどんをたべてもお酒をのんでも、まださむい。そこでおふろにざぶーん! どうなっちゃうかな?(幼児から)

ぼくのおふろ

鈴木のりたけ/作・絵(PHP研究所 本体一二〇〇円)

めいろのおふろ、プリンぶろ、でんしゃのおふろにそらとぶおふろ……。ユニークなおふろがつぎつぎ登場! 絵探しも楽しめる絵本です。(4、5歳から)

おふろだいすき

たけいしろう/作・毛利洋子/絵(くもん出版 本体八〇〇円)

パパといっしょにおふろにはいろう! さあ、服をぬいで、体も頭もごしごしあらって、あわはシャワーでじゃーじゃー流そう。おふろって楽しいな!(乳幼児から)

じゃぶじゃぶパパ

よこやまみなこ/作・絵(偕成社 本体一〇〇〇円)

カバのじゃぶじゃぶパパは、おふろが大すき。おくさんと子どもたちが留守の間に、チャンスとばかりにおふろへ一目散。ゆっくりできたかな?(3歳から)

パパ、かばになる

安江リエ/作・飯野まき/絵(偕成社 本体一〇〇〇円)

パパがおふろでかばになっちゃった! かばのパパは、でんぐりがえりにすべりだい、思いっきり遊びます。パパと子どもたちのための絵本。(3歳から)

ぽんぽんてけてけ

二見正直/作(偕成社 本体八〇〇円)

小さな船が港を出ます。「ぽんぽんてけてけぼうけんだ」。めざすはおおなまずの海。船がついた海にいたのは…。おとうさんとあそぶ幼児絵本。(0〜5歳)

いろいろおんせん

ますだゆうこ/ぶん・長谷川義史/え(そうえん社 本体一〇〇〇円)

「いろいろおんせん」は、いろんな色の温泉です。お湯に入ると、あらふしぎ! からだの色がかわっちゃうのです。人気のケロポンズの絵本。(幼児から)

のはらのせんたくやさん

神沢利子/作・いもとようこ/絵(ひかりのくに 本体一二〇〇円)

毎朝顔を洗わない歯も磨かないごろうちゃん。だから洗面器とハブラシとせっけんは家を出て行きました。そして野原で洗濯屋を開くことに…。(3歳から)

おふろにおいで

ひろかわさえこ/作(アリス館 本体八〇〇円)

ことばのリズムが心地よい絵本。ちゃぷちゃぷ ぷくぷく かにおふろ。ぷくぷく ぷあーり いいきもち。動物たちがいろいろなおふろの入り方をします。(2歳から)

ひとりできがえ できるかな

たけいしろう/さく・もうりまさのり/え(国土社 本体八〇〇円)

ネコのにゃんたとおとうさんが服を脱いでおふろに入り、着替えをするまでを楽しいかわり絵で表現。小さいお子さんの自立を促します。(幼児から)

やまのおふろやさん

とよたかずひこ/作・絵(ひさかたチャイルド 本体一〇〇〇円)

しんしんと雪が降る山の中。ぽこぽことわいているお湯の中に、動物たちがつぎつぎどぶーん。「ぽかぽかおふろ」シリーズ第1弾。(2、3歳から)

おでんのゆ

真珠まりこ/作・絵(ひさかたチャイルド 本体九〇〇円)

おなべのお風呂に大根さんが入ります。「ああ、いい湯だな」。ちくわさん、じゃがいもさん…つぎつぎとみんな入って、ほかほかいい気持ち!(1、2歳から)

いもとようこのウォールチャート(全3点)

いもとようこ/絵(金の星社 本体各七四三円)

「あいうえおひょう」「かけざん九九ひょう」「ABCひょう」。水にぬれても破れない特別素材使用で、おふろでの学習も安心です。愛らしい絵も満載!(幼児から)

あかちゃんのおと

みやにしたつや/作・絵(金の星社 本体八五〇円)

赤ちゃんのまわりにある、ごきげんな音、楽しい音、そんな愛らしい音を集めました。おふろの音は? ちゃぷちゃぷちゃぷ。大人気のシリーズです。(幼児から)

あなたがとってもかわいい

みやにしたつや/作・絵(金の星社 本体一二〇〇円)

おふろの中でうっとりしている、かわいい赤ちゃんの顔。大きくなった今も、そしてこれからもずっと、あなたをかわいいと思う気持ちは変わらない。(幼児から)

新装版ふるさとを見直す絵本⑧ もらい風呂 農家のくらし②

みなみ信州農業協同組合/文・熊谷元一/絵(農文協 本体一四二九円)

昔は風呂が貴重で、共同で農作業をしたあとなどは「もらい風呂」をしていた。もらい風呂を通しはぐくまれていた「ゆい」の助け合いの心やくらしを描く。(小学低学年から)

みんなのきもち

村上しいこ/作・西村繁男/絵(学研マーケティング 本体一二〇〇円)

「自分以外のものの気持ちになってみましょう」という宿題が出た。考えつかないままおふろに入ると、夕食で残したおでんたちが入ってきた!(小学低学年)

ころんだのだあれ?

垣内磯子/作・田中清代/絵(鈴木出版 本体一一〇〇円)

冬至の日。けんはゆず湯につかって、「だるまさんがころんだ」と10回唱えながら100まで数えます。すると、遠くのお寺のだるまさんがすってんころりん!(2歳から)

すっぽんぽんのすけ せんとうへいくのまき

もとしたいづみ/作・荒井良二/絵(鈴木出版 本体一一〇〇円)

家のお風呂が故障して、生まれて初めて銭湯へ行ったすっぽんぽんのすけ。そこでまたまた忍者たちが悪さをしていて…。銭湯でも大活躍!(2歳から)

あったまろう

もろはらじろう/作・絵(鈴木出版 本体一一〇〇円)

ぶるぶる寒い雪の中、うさぎさんが温泉を見つけました。さあ、あったまろう! だけどそこはさるくん専用⁉ 心も体もぽっかぽかになる1冊です。(2歳から)

もりのおふろ

西村敏雄/さく(福音館書店 本体八〇〇円)

ライオン、ゾウ、ウサギ…。たくさんの動物が森のお風呂にやってきた。みんなで背中を流したら、湯船にドボーン! 動物たちの極楽顔に、ほのぼの。(2、3歳)

おふろだいすき

いまむらあしこ/ぶん・たるいしまこ/え(ほるぷ出版 本体八〇〇円)

リズミカルなことばと、あたたかいタッチの絵で、赤ちゃんとお母さんのぬくもりをはぐくむ絵本。(1歳から)

おふろごっこ

きむらゆういち/さく・長野ヒデ子/え(佼成出版社 本体一三〇〇円)

パパと一緒に入るお風呂の楽しさを、いきいきとリズムよく描きます。読んだらきっと、パパとお風呂探検したくなる絵本です。(1歳から)