“さがしています。こんな本”

月刊「こどもの本」2011年11月号より

落語の本

 無理かなと思いつつ小1の息子を連れて行った落語会。親の心配をよそに「手水廻し」に大爆笑し、面白さに年齢は関係ないのだなと感じました。すっかり落語好きになった息子と一緒に読める落語の本を教えてください。(東京都・会社員)

まんが 落語ものがたり事典

矢野誠一/監修・勝川克志/まんが(くもん出版 本体1600円)

「落語」の世界が、ゆかいなまんがになって登場。まんがで落語を楽しみながら、江戸の暮らしを知ろう! 「寿限無」ほか、全41話収録。(小学中学年から)

林家木久蔵の子ども落語 かわいい動物・ゆうれい編

林家木久蔵/編(フレーベル館 本体1500円)

狸、狐、猫などの動物や、ゆうれいや妖怪などの話を収録。「皿屋敷」「ろくろ首」など14話を収録。(小学中学年から)

林家木久蔵の子ども落語 わんぱく少年・どろぼう編

林家木久蔵/編(フレーベル館 本体1500円)

落語には子どもが登場して、おとな顔負けの活躍をするものが多数あります。「寿限無」「子はかすがい」など13話を収録。(小学中学年から)

林家木久蔵の子ども落語 おもしろトンチ編

林家木久蔵/編(フレーベル館 本体1500円)

落語には知恵を働かせたり、とんちを使ったりする話がたくさんあります。「時そば」「饅頭こわい」など13話を収録。(小学中学年から)

まんじゅうこわい

斉藤 洋/文・高畠 純/絵(あかね書房 本体1000円)

みんなで『こわいもの』について話していると、クマさんは「まんじゅうこわい」と言い出して⁉ 「親子酒」「できごころ」も収録。(小学中学年から)

おばけ長屋

斉藤 洋/文・高畠 純/絵(あかね書房 本体1000円)

長屋の住人たちは、空き部屋の4号室に新しい住人を入れないように相談し、三つ目の吸血鬼のゆうれいが出ることにします。ところがやってきた男は豪傑で…⁉(小学中学年から)

ぞろぞろ

斉藤 洋/文・高畠 純/絵(あかね書房 本体1000円)

教科書に載った落語「ぞろぞろ」。お客の減った土産物屋がお参りに行くと、天井から傘がぞろぞろ生えてきて⁉ おもしろい落語3話入り!(小学中学年から)

おとなもびっくりの子どもたち

たかしま風太/文・うちべけい/絵(PHP研究所 本体1200円)

おとな顔負けの生意気な子どもが大活躍する落語・小ばなしを、音読用落語、独演用小ばなし、落語コント、落語劇などのスタイルで紹介。(小学高学年から)

ふしぎなへんてこ話

たかしま風太/文・うちべけい/絵(PHP研究所 本体1200円)

頭のてっぺんから桜の木が生えた男、背がのびるおまじない、飲むと若返る水……。ふしぎで笑える落語・小ばなしを13話紹介。(小学高学年から)

こわくておかしいおばけ話

たかしま風太/文・うちべけい/絵(PHP研究所 本体1200円)

夜はこわいからと昼間に出たがったり、毎晩出るのは疲れるからと手抜きをしたり……。そんなおばけが登場する落語・小ばなしを9話収録。(小学高学年から)

桂かい枝の英語落語(全3巻)

桂 かい枝/文・たごもりのりこ・他/絵(汐文社 揃本体6000円)

英語落語の第一人者、桂かい枝さんが子どもたちのために英語落語の絵本を作りました。「猫の茶わん」「まんじゅうこわい」「転失気」の3巻。(小学高学年から)

じごくのそうべえ

たじまゆきひこ/作(童心社 本体1500円)

つなわたりから落ちたそうべえは、しかい、ちくあん、ふっかいたちと地獄めぐりに。奇想天外な冒険。桂米朝上方落語「地獄八景亡者戯」より。(幼児から)

そうべえ ふしぎなりゅうぐうじょう

たじまゆきひこ/作(童心社 本体1500円)

そうべえたちの乗った船は、ふかにみいられて進めません。海底の竜宮城には、化け物の乙姫がいて。桂米朝上方落語「兵庫船」「小倉船」より。(幼児から)

とくべえとおへそ

桂 文我/文・田島征彦/絵(童心社 本体一四〇〇円)

とくべえは、つった大なまずといっしょに雲の上へ。そこはカミナリが住む都。そして人間から集めたおへそが。上方落語「月宮殿星の都」より。(幼児から)

あたま山

舟崎克彦/文・林 恭三/絵(そうえん社 本体1200円)

いわずと知れた古典落語の名作を絵本化。破天荒なナンセンスストーリーを、リズミカルな文章とデザイン性豊かな絵で再現。読み聞かせに最適。(小学低、中学年)

落語 柳家花緑 私がご案内します

柳家花緑/著(アリス館 本体2600円)

絵本感覚で、伝統芸能を楽しめます。寄席の楽屋、役者のしぐさの解説など。「寿限無」「たぬきの札」「まんじゅうこわい」を収録。(小学低学年から)

おもしろ落語ランド [新版] じゅげむ/目黒のさんま

桂 小南/文・ひこねのりお/絵(金の星社 本体1200円)

生まれた赤ちゃんに、元気で一生死なないような、いい名前をつけようとした熊さんのお話と、生まれて初めてさんまを食べた殿様のお話。(小学低学年から)

おもしろ落語ランド [新版] 花の都/てんしき

桂 小南/文・ひこねのりお/絵(金の星社 本体1200円)

知らないことばを人にきけないばっかりに、みんながとんちんかんな会話をするお話と、神様にもらったふしぎなうちわで、とんでもない悪さをするお話。(小学低学年から)

落語でわかる江戸のくらし(全5巻)

竹内 誠、橘家仲蔵/監修(学研マーケティング 本体各2800円)

古典落語を読みながら、落語の中に描かれている、江戸の町人のくらしぶりや、社会のしくみ、江戸の文化について、詳しくわかります。(小学中学年から)

ちびまる子ちゃんの落語 じゅげむ

土門トキオ/編・著(学研マーケティング 本体1200円)

テレビで人気のちびまる子ちゃんのキャラクターが紹介していく落語の本。「寿限無」「初天神」など知っておきたい古典落語を6本掲載。(小学低、中学年)

ちびまる子ちゃんの落語 のっぺらぼう

土門トキオ/編・著(学研マーケティング 本体1200円)

「のっぺらぼう」「ろくろっ首」「頭山」など、お化けや不思議な話がテーマの古典落語をちびまる子ちゃんたちが紹介する。シリーズ全6巻。(小学低、中学年)

かえるをのんだととさん

日野十成/再話・斎藤隆夫/絵(福音館書店 本体800円)

腹痛のととさんが、腹の虫を退治しようと蛙、蛇、キジ、猟師、鬼といろいろなものを飲み込み、最後には……。語り口とテンポが落語を思わせる痛快昔話。(2、3歳)

寿限無

齋藤 孝/文・工藤ノリコ/絵(ほるぷ出版 本体1200円)

あるところに、それは長い名前の男の子がおりました。その子の名前は「寿限無寿限無、五却のすりきれ……」。有名な古典落語が楽しい絵本になりました。(3歳から)