“さがしています。こんな本”

月刊「こどもの本」2011年3月号より

まほうの本 No.2

すずちゃんと魔女のババ

柏葉幸子/作・高畠純/絵(講談社 本体1200円)

すずちゃんは魔女のババとねこのミカンと一緒にゆうれいつりをすることに。3人のおかしな友情が、他者への思いやりの大切さを教えてくれる。(小学低学年)

見習い魔術師トトの冒険

I魔術師の秘密 II樹海の魔女
立石彰/作・二木真希子/絵(講談社 本体各1300円)

弱虫で闘いがきらいなトトは、おちこぼれの見習い魔術師。隠された秘密を知り、仲間とともに魔女に立ちむかう。心温まる長編ファンタジー。(小学高学年から)

パークフェアリーのパーリー

(1)公園は大さわぎ
ウェンディ・ハーマー/作・マイク・ザーブ/絵・あんどうゆう/訳(講談社 本体1300円)

妖精は大きな町にすんでいるって知っていますか? 公園の妖精、パークフェアリーのパーリーが仲間たちと繰り広げる楽しいおはなし。(小学低学年)

魔法の庭へ

日向理恵子/作・三角芳子/絵(童心社 本体1350円)

昔魔女だった祖母をもつ少女、ナナミ。祖母の過ちが元で狂ってしまった〈妖精郷〉の時間を元通りにするため、魔女になることを決意するが…。(小学中学年から)

コリアンダーと妖精の国

サリー・ガードナー/作・斎藤倫子/訳(主婦の友社 本体1900円)

最愛の母を亡くした少女は、継母と邪悪な牧師から虐待を受け続け、ついには殺されそうになるが、ふとした事から妖精の国に迷い込んで…。(小学高学年から)

マーリン

(全10巻)
T・A・バロン/著・海後礼子/訳(主婦の友社 本体各750〜800円)

すべての魔法使いの憧れであり、世界中の物語で愛されてきた史上最大の魔術師マーリンの謎にみちた少年時代を描く本格冒険ファンタジー。(小学中学年から)

まほうつかいはおひるねちゅう

白井三香子/作・神山ますみ/絵(鈴木出版 本体1100円)

わがままな魔法使いに、知恵を出して立ち向かう動物たち。さて、どっちが勝ったかな? 魔法使いとの対決をユニークに描いたお話!(4歳から)

チキチキバンバン

(全3巻)

イアン・フレミング/作・ジョン・バーニンガム/絵・こだまともこ/訳(あすなろ書房 本体各1200円)

スクラップ寸前のおんぼろレーシングカーが、空を飛び海をゆく魔法の車に大変身! 痛快愉快な冒険物語。「007」の作者フレミングの隠れた名作。(4歳から)

まほうつかいのトビィ

カズノ・コハラ/作・石津ちひろ/訳(光村教育図書 本体1400円)

トビィは飛べない魔法使い。ドラゴンに飛び方を教えてもらっても、なかなか飛べるようになりません。そんなある日、ナイトがドラゴン退治に現れて…。(幼児から)

ポロとまほうのふえ

レジス・ファレル/作・山脇恭/文(ひさかたチャイルド 本体1000円)

遭難した冒険家ポロが出会ったのは、魔法の笛でじゅうたんを操る老人で…。フランス生まれのかわいい小犬「ポロ」の大冒険シリーズの1冊。(4、5歳から)

とんでもはつめい?! バローンはかせの大ぼうけん

なぞのガラッパじょう

ひらのてつお/作・絵(ひさかたチャイルド 本体1200円)

ホットケーキ村のバローンはかせは、魔法使いの悪事に困ったローズマリー姫を救うため、ガラッパ国にむかい…。ハラハラドキドキの幼年童話。(5、6歳から)