“さがしています。こんな本”

月刊「こどもの本」2009年11月号より

遠足の本

 息子が初めて幼稚園の遠足に参加します。とても楽しみにしているようで、「がんばって歩く!」「お弁当はなに?」と毎日のように言っています。遠足の楽しさが描かれている絵本があれば、ぜひ読んであげたいと思います。(栃木県・母親)

ぼくのおべんとう

スギヤマカナヨ/さく(アリス館 本体880円)

まずはたまごやき。からあげもあるよ。「ミートボールととりかえっこしよう」「いいよ」楽しいおべんとうの時間です。(2〜4歳)

わたしのおべんとう

スギヤマカナヨ/さく(アリス館 本体880円)

ツナタマゴのサンドイッチ。ミートボールもあるよ。「からあげととりかえっこしよう」「いいよ」楽しいおべんとうの時間です。(2〜4歳)

あめふりうさぎ

せなけいこ/ぶん・え(新日本出版社 本体1200円)

うさぎさんがなくと「ザーッ」とあめがふりだします。えんそくのまえの日に、「あしたはぜったいなかないでね」とみんなからたのまれたうさぎさんは…。(幼児〜小学低学年)

るいちゃんのチンパンジー

う岸川悦子/さく・狩野ふきこ/え(新日本出版社 本体1200円)

きょうは遠足。木曜市でお買い物をする。るいちゃんは、やさしいおばあちゃんに草もち、妹のもえにぼうあめ、犬のくろにちくわを買った…。(小学低〜中学年)

おいもをどうぞ!

柴野民三/原作・いもとようこ/文・絵(ひかりのくに 本体1200円)

くまさんの畑で、おいもがどっさりとれました。「ひとりで食べてはもったいない。お隣さんにも分けてあげよう」芋掘り遠足の頃におすすめ。(幼児から)

もみじちゃんとチュウ

村上康成/作・絵(ひかりのくに 本体1200円)

もみじちゃんが「こんにちは」ってチュウをすると、みんなまっかっか。夏が過ぎ、だんだんと景色が秋色になっていく様子が楽しみになる絵本。(幼児から)

探検!いきものミニずかん(1)

野山をさがせ!

梶田叡一/監修(ひかりのくに 本体600円)

生き物や植物のつくりや、生態までもがよくわかります。春夏秋冬、季節ごとの構成で、1年中使え、15cm角と手軽なので、持ち歩きにも便利。(幼児から)

いただきバス

藤本ともひこ/作・絵(鈴木出版 本体1100円)

「おはようございバス!」しゃべるバスがやってきた! 野こえ山こえ、ついた先は…? どうなる、不思議なバスツアー。奇想天外な遠足を楽しもう!(3歳から)

真夜中のピクニック

秋川ゆみ/作・長野ヒデ子/絵(文研出版 本体1200円)

ゲントの家に、おじいちゃんがやってきた。半年いっしょに暮らすんだって。おじいちゃんの粗野な行動に、最初はめんくらったけど…。(小学中学年)

パオちゃんのたのしいピクニック

なかがわみちこ/さく・え(PHP研究所 本体680円)

ぞうのパオちゃんはお友だちと森へピクニックに行きました。きれいなはっぱを見て、パオちゃんは木にばけて、みんなをおどろかそうと…。(3、4歳から)

10ぴきのかえるのピクニック

間所ひさこ/さく・仲川道子/え(PHP研究所 本体1200円)

10ぴきのかえるはけろけろピクニックにでかけました。お弁当と水筒を持って野原に向かうと、どこからか泣き声が聞こえてきました。(4、5歳から)

やさいのえんそくおおさわぎ

さくらともこ/さく・米山永一/え(PHP研究所 本体1200円)

たまねぎ園に入園したやさいたちの初めての遠足。ハラハラ・ドキドキの連続です。やさいたちは楽しい1日を過ごせたのでしょうか。(4、5歳から)

しんかんせんのぞみ700だいさくせん

横溝英一/文と絵(小峰書店 本体980円)

おじいちゃんからもらった旅行券でぼくは大作戦を考えた。それはあこがれの「のぞみ700」で名古屋へ行き、各駅停車で帰ってくるという作戦だ。さあ出発!

ゆきぐにれっしゃだいさくせん

よこみぞえいいち/さく(小峰書店 本体1100円)

雪国へ行きたくなったぼくとゆうじは、上越線で越後湯沢まで旅をする。水上でお弁当を買い、湯沢では雪だるまを作り、帰りは上越新幹線MAXに乗る。(幼児から)

パンツ・パンツ・パンツ

上坂むねかず/作・かわむらふゆみ/絵(小峰書店 本体1100円)

ゆうすけは、遠足にハンカチとパンツをまちがえて持っていってしまった。それをチンパンジーとクマにとられてしまって……!?(小学低学年から)

へんてこもりにいこうよ

たかどのほうこ/作・絵(偕成社 本体900円)

ようちえんのうらの「へんてこもり」でしりとりをはじめた4人組。ひとりが「まるぼ」とさけんだとたんに見たこともない動物があらわれた!?(5歳から)

おべんとうなあに?

山脇 恭/作・末崎茂樹/絵(偕成社 本体1000円)

のはらにピクニック。おなかぺこぺこのみんなは、色とりどりでおいしそうなおべんとうを見せあいます。開くとステキなしかけが楽しい絵本。(3歳から)

しらないまち

田島征三/作(偕成社 本体1400円)

遠足の日、まちがったバスにのったぼくは不思議な町にきてしまった。ページをめくるたびにびっくりぎょうてんのナンセンス絵本!!(4歳から)

ぼくのえんそく

穂高順也/作・長谷川義史/絵(岩崎書店 本体1300円)

ぼくは風邪をひいて遠足に行けない。すると、行きたい気持ちが体から飛び出した。猫とジュース入りの水筒を連れて出発だ。不思議で楽しい遠足。(3、4歳から)

ひみつのやくそく

古田足日/さく・遠藤てるよ/え(ポプラ社 本体800円)

ひでやは遠足で、むかし鬼がすんでいたという、もみじ山にいきました。山道でころんだひでやをたすけてくれたのは、鬼の子たちでした!(小学低学年)

ぼくらと7人の盗賊たち

宗田 理/著(ポプラ社 本体1200円)

春休みのハイキング、丹沢の山中で、ぼくらは「福祉法人7福神」のアジトを見つけた。それは老人を狙うマルチ商法の泥棒集団だったのだ! (小学高学年)

もりもり小学校

なぞなぞおべんとう

薫 くみこ/作・絵(ポプラ社 本体900円)

もりもり小学校は楽しくておいしい学校。なぜなら給食のおばさんが魔女なんです。うれしい遠足の日、ひみつのおべんとうを探しに出発!! (小学低学年)

ガーコちゃんのえんそく

国松エリカ/作(学習研究社 本体1200円)

いつもあとをついてくるガーコちゃんの妹たち。今日は遠足なので妹たちはついてこれません。遠足を楽しんでいるはずなのに思い出すのは妹たち。(幼児)

たろうとはなのおべんとう

メグホソキ/作(学習研究社 本体1200円)

たろうとはなはふたごのきょうだい。今日はママが作ってくれたおべんとうを持って、ふたりでハイキングです。(幼児)

クマとうさんのピクニック

デビ・グリオリ/さく・山口文生/やく(評論社 本体1300円)

ある日、クマとうさんは赤ちゃんを連れて、ごきげんでピクニックに。ところが、ハイイログマ家のわんぱくたちがついてきて……。(小学低学年)

クマくんのえんそく

ジョン・ヨーマン/文・クェンティン・ブレイク/絵・山口文生/訳(評論社 本体1300円)

友だちといっしょに、クマはいかだに乗ってえんそくに出かけます。お弁当の時間になったけど、たいへん、岸にのりあげちゃった!(小学低学年から)

おでかけのまえに

筒井頼子/さく・林明子/え(福音館書店 本体800円)

ピクニックにでかける日、待ちきれないあやこは、お弁当や荷物の用意にチャレンジしますが……。幼い子の気持ちをていねいに描いた絵本です。(幼児から)

ぐりとぐらのえんそく

なかがわりえことやまわきゆりこ/作(福音館書店 本体800円)

野原へ遠足に出かけた野ねずみのぐりとぐら。見つけた長い毛糸をずーっとたどっていくと……。ご存じぐりとぐらの愉快な遠足を描きます。(幼児から)

はじめてのキャンプ

林明子/さく・え(福音館書店 本体1200円)

はじめてキャンプの1晩をすごす小さな女の子の気持ちのたかぶりや不安、そして勇気などを、ユーモラスに、表情豊かに描いた幼年童話です。(幼児から)

あしたえんそくだから

守屋正恵/さく・いもとようこ/え(あかね書房 本体1200円)

明日は楽しい遠足なのに、外は曇り空。みんなは明日天気になるよう、てるてる坊主を作ってお願いすると…。遠足のワクワク感が伝わります。(3歳から)

クッキーのおうさまえんそくにいく

竹下文子/作・いちかわなつこ/絵(あかね書房 本体900円)

公園へ遠足にきたクッキーのおうさま。小さなおうさまから見れば、砂場は砂漠、花壇はジャングル! おうさまの冒険が楽しい幼年童話。(小学低学年から)

こまったさんのサンドイッチ

寺村輝夫/作・岡本颯子/絵(あかね書房 本体900円)

こまったさんの遠足のお弁当はサンドイッチ。でも寝坊してサンドイッチも作れずに慌てて家を飛び出すと…。お話と料理が1度に味わえる本。(小学低学年から)

あめのひのえんそく

間瀬なおかた/作・絵(ひさかたチャイルド 本体1000円)

今日は遠足。でも朝から雨。ところが目的地に着くと素敵な景色が待っていました。最後にあっと驚くさわやかな結末が待っているしかけ絵本。(2、3歳から)

クマのプーさんピクニックブック

A・A・ミルン/原案・アーネスト・H・シェパード/絵・山田詩子・他/訳(BL出版 本体1200円)

プーさんはみんなでよくピクニックに出かけます。いろんな気分にあわせてメニューも変えて。サラダや飲み物もとりあわせたレシピブックです。(小学高学年から)

くまのアーネストおじさん

あめのひのピクニック

ガブリエル・バンサン/さく・もりひさし/やく(BL出版 本体1300円)

おおらかで温かいくまのアーネストおじさんと、かわいくておしゃまなねずみのセレスティーヌ。ふたりは雨の中、ピクニックへ出かけて……。(小学高学年から)

きらめく船のあるところ

ネレ・モースト/作・ユッタ・ビュッカー/絵・小森香折/訳(BL出版 本体1300円)

谷でのんびりくらしていたキツネとオオカミは、丘の塔に行けば太陽や海、船がきらめいてみえると聞いて出かけますが……。(小学低学年から)

えんそくバス

中川ひろたか/文・村上康成/絵(童心社 本体1300円)

園のみんなが待ちに待った遠足の日。バスにゆられてようやく到着! 思いきり遊んで、さあお弁当!! そこへねぼうした園長先生がやってきた。(幼児から)

むしたちのえんそく

得田之久/文・久住卓也/絵(童心社 本体1300円)

林にすむカブトムシやカミキリムシたちが、おべんとうをもってたがめ池へ。スイレンの船にのったり水上スキーをしたり、虫の世界は楽しい!(幼児から)

いもほり

はまのゆか/作(ほるぷ出版 本体1300円)

気もちよく晴れた秋の日、2人はおじいちゃんの畑にやってきました。やきたてのおいもはどんな味? わくわくどきどきのいもほりが始まります。(幼児から)

あきのえんそくはたからさがし

立原えりか/作・薄久保友司/絵(佼成出版社 本体1200円)

まみたちは、遠足で宝さがしを始めます。森で出会ったクマやモグラに協力してもらい、ついにステキな宝物をさがし当てます。(4歳から)

きんぎょのえんそく

高部晴市/作・絵(フレーベル館 本体1300円)

はじめて動物園にいったアカさん。よせばいいのにゾウやキリンに向かって、あっけらかんと余計なひとことをいっちゃってさあたいへん!(3歳から)

パズルがっこうのなぞ

スザナ・レイ/作・ブレンダ・ホウ/絵(主婦の友社 本体700円)

用意は出来た?パズル学校の生徒たちは無事に遠足へいけるかな?お話を楽しみながら、子どもの理解力や観察力、考える力をのばしていく育脳パズル。(4歳から)

ぼくらの先生!

はやみねかおる/作(講談社 本体1300円)

夏休みのキャンプ中で女の子が男の子にいきなり水をかけられます。一体なぜ? 読後笑顔になれる小学校を舞台にした連作短編ミステリ集。(小学高学年)

うさぎ小学校のえんそく

アルベルト・ジクストゥス/文・リヒャルト・ハインリヒ/絵・はたさわゆうこ/訳(徳間書店 本体1300円)

元気な子うさぎたちが通う小学校の、遠足の1日を描いた楽しい1冊。懐かしくて温かい、ドイツの代表的な古典絵本『うさぎ小学校』の続編です。(5歳から)