“さがしています。こんな本”

月刊「こどもの本」2006年1月号より

イヌの本

 マンション住まいのため動物を飼うことができませんが、子どもたちは犬が飼いたいそうです。せめて本の中だけでも、犬との暮らしを楽しみたいと思います。どんな本があるのでしょうか。(大阪市・母親)

犬とあそぼう

倉澤七生/ぶん・え(大日本図書 本体1333円)

犬はどんな動物、何を伝えようとしている? など、子どもたちがこれから犬を飼いはじめるときに知ってほしいことをまとめた絵本。(小学低学年から)

やっぱり犬がほしい

スギヤマカナヨ/著(アリス館 本体1200円)

ぼく、犬がほしい。でも、お父さんもお母さんも反対だ。そこで、ぼくは作戦を考えたんだ。犬を飼う心構えが育っていく少年のお話絵本。(小学低学年から)

それはすごいな りっぱだね!

いちかわけいこ/文・たかはしかずえ/絵(アリス館 本体1000円)

ミニチュアダックスがいろいろな生き物にであいます。ねこさんは大きくなったらなにになるの?……ほめる喜び、ほめられる喜びを感じる絵本。(2歳から)

いちじくという名の犬と…

山元加津子/著(アリス館 本体1300円)

犬のトイレ、食事、しつけ、避妊手術など、犬との日常をイラスト入りでたんたんと綴る。笑いと涙のノンフィクション。(小学中学年から)

クイールはもうどう犬になった

秋元良平/写真・こわせたまみ/文(ひさかたチャイルド 本体1000円)

映画にもなった「クイール」がまだ盲導犬として働いている時に取材した写真絵本。人とふれあい成長する姿が、幼児向けに綴られています。(幼児から)

まいごのころわん

間所ひさこ/作・黒井 健/絵(ひさかたチャイルド 本体1000円)

凧を追いかけて迷子になった子犬のころわん。空から凧が帰り道を教えてくれました。子どもたちの共感をよぶ「ころわん」シリーズです。(幼児から)

ポロとドラゴン

レジス・ファレル/作・山脇 恭/文(ひさかたチャイルド 本体1000円)

小犬の冒険家ポロが出会ったのは心優しいドラゴン。フランス生まれのコミカルファンタジー。『ポロとまほうのふえ』も見てください。(幼児から)

いぬのかんごふさんベッツとタンクル

井上こみち/文・広野多珂子/絵(教育画劇 本体1200円)

ベッツとタンクルはラブラドルレトリーバーのなかよし親子。動物病院の人気者です。今日も「さあ、おしごと!」2匹は犬のかんごふさんなのです。(幼児から)

HOW TO SLEEP犬的正しい寝方の研究

でんよういちろう/著・さべあのま/さく(小峰書店 本体1000円)

犬のバブズが大好きなことは、心地よい場所できもちよく眠ること。バブズを観察していると楽しいことばかり。フィギュアを使った写真絵本です。(小学低学年から)

風伝の犬ハナ

北村けんじ/作・三谷靱彦/絵(小峰書店 本体1300円)

モモコは学校になんか行きたくなかった。行けば、あの子にいじめられる。でもある朝、白い犬にさそわれるように学校に行くと……。(小学中学年から)

おれんちのいぬチョビコ

那須田 淳/作・渡辺洋二/絵(小峰書店 本体1243円)

キヨシにもらわれた子犬は、尾の先と左の耳だけうす茶で、あとはまっ白。小さくて手のひらにのるくらいで、チョビッとしてるんだって!(小学低学年から)

アンジュール

ある犬の物語
ガブリエル・バンサン/作(BL出版 本体1300円)

疾走する車から路傍に投げ捨てられた1匹の犬。犬は車をもとめて走り、野から浜へ、汀から道へ。その長いさすらいの1日を描いた感動作。(幼児から)

フリフリ

サラ・マクメナミー/さく・いしいむつみ/やく(BL出版 本体1300円)

お父さんが子犬を連れて帰ってきました。ロージーは、子犬と靴で遊んだり、庭に穴をほったり…。でも子犬にはまだ名前がついてなくて…。かわいい絵本。(幼児から)

ぼくはきみのミスター

トーマス・ヴィンディング/作・ヴォルフ・エァルブルッフ/絵・小森香折/訳(BL出版 本体1300円)

ある日突然押しかけてきた犬のミスター。図々しいミスターのペースに、私はいつのまにか巻きこまれ…。ユニークなキャラクターとお話が楽しい読み物。(小学中学年から)

ピーコポンチャン

ねじめ正一/作・あべ弘士/絵(鈴木出版 本体1100円)

犬と少年の、気持ちのすれ違いが切ない絵本! ねじめ正一さんの真に迫った文章が見事。あべ弘士さんの絵が、物を言えない犬の気持ちを代弁しています。(5歳から)

しらないいぬがついてきた

小林与志/作・絵(鈴木出版 本体1100円)

男の子が歩いていると、知らない犬がついてきた。どこまでもついてくる犬に戸惑っていると…。絵と構成が素晴らしく、絵本の力を実感する作品です。(3歳から)

どっちーぬくん

あきやまただし/作・絵(鈴木出版 本体1100円)

子どもから圧倒的な支持を得ている絵本作家、あきやまただしさんの絵本。「自分を1番にみてほしい」と願う子どもの気持ちをユーモラスに描いています。(5歳から)

ジュウベエと幽霊とおばあちゃん

川越文子/作・夏目尚吾/絵(文研出版 本体1200円)

犬が大活躍の読み物です。おばあちゃんを見守るため、美ことは愛犬ジュウベエと一緒に田舎へ。おばあちゃんの秘密を話のできるジュウベエと探るが…。(小学中学年から)

すっとび犬のしつけ方

ジェレミー・ストロング/作・岡本浜江/訳・矢島眞澄/絵(文研出版 本体1200円)

とてつもなく速く走り回る犬をしつける楽しい読み物です。作者は読者を笑わせることが大好き。子どもたちが選ぶチルドレンズブック賞の受賞作品です。(小学中学年から)

キングゆうかい大作戦

リブ・フローデ/作・木村由利子/訳・むかいながまさ/絵(文研出版 本体1300円)

つながれっぱなしでかわいそうな番犬をゆうかいしよう。がんこな飼い主に見つからないよう作戦を立てる女の子たち。スリルたっぷりの読み物です。(小学高学年から)

できるかな?

かうためのやくそく10イヌ

高嶺一司/著(ひかりのくに 本体762円)

イヌを飼うための約束を10項目にまとめ、わかりやすく解説しています。本当にイヌが飼えるかを幼児が自分で考えられるように構成した本です。(幼児から)

いきものスーパー百科(5)

いぬ
福田 豊/文・植木裕幸/写真・今泉忠明/監修(ひかりのくに 本体1280円)

気持ちの表現の仕方や体の秘密、色々な種類の犬や警察犬や盲導犬、飼う時の注意点なども紹介した内容満載の図鑑です。(幼児から)

ビリーは12さい

相馬公平/さく・梶山俊夫/え(佼成出版社 本体1300円)

犬のビリーは12歳。飼い主一家は「ビリーは年だもんね」だって。でも待てよ。みんなも変わったぞ。家族の絆を、ほのぼのと描く絵本。(3歳から)

ポール

岡本 順/作(佼成出版社 本体1500円)

ナツコの家に老犬ポールがやってきた。でも、ポールは心を閉ざしたまま…。少女と犬のひと夏の思い出をムービータッチに爽やかに描く。(小学低学年から)

どろぼうトラ吉とどろぼう犬クロ

那須正幹/作・南 伸坊/絵(佼成出版社 本体1100円)

どろぼうのトラ吉はドジばかり。でも、トラ吉の前に現れた子犬のクロがプロ顔負けの相棒に!! トラ吉とクロの厚い友情が感動的な作品。(小学低学年から)

「知」のビジュアル百科(6)

イヌ科の動物事典

ジュリエット・クラットン=ブロック/著・祖谷勝紀/日本語版監修(あすなろ書房 本体2000円)

盲導犬や介助犬、牧羊犬、狩猟犬……。人とともに歩んできた歴史や、進化の過程、そしてたくさんの品種を豊富な写真で紹介!(小学中学年から)

いぬはてんごくで……

シンシア・ライラント/作・中村妙子/訳(偕成社 本体1400円)

天国に行った犬の生活を素朴な絵で描きます。犬は天国を走りまわり、お菓子をもらい、雲のベッドでぐっすり眠る。ペットを失った人の心を癒す絵本。(子どもから大人まで)

わんわん探偵団

杉山 亮/作・廣川沙映子/絵(偕成社 本体1000円)

たくさんの犬の世話で大忙しの訓練士スピッツかわいが、かしこい犬たちと難事件にいどむ。「消えたデメキン事件」「バラと天ぷら事件」など3編を収録。(小学中学年から)

盲導犬が日本に生まれた日

竹内恒之/文(偕成社 本体1200円)

日本の盲導犬第1号チャンピイを誕生させ、その後、視覚障害者の自立をめざして、900頭以上の盲導犬を育てた塩谷賢一の半生をたどります。(小学中学年から)

ニッポンの犬

岩合光昭/写真・岩合日出子/文(平凡社 本体2800円)

凛々しくてかわいい日本犬6犬種を写真に捉えました。それぞれの故郷の美しい風景を背景として、つい頭をなでたくなる姿を描きます。(小学低学年から)

Dog Paradise

世界の犬100
オーサ・リンドホルム/写真・藤田りか子/文(平凡社 本体2400円)

世界の犬100種をその特徴をも捉えた写真で紹介します。犬のかわいさと美しさ性格と相性もはっきり判ります。ワンワンが大好きになります。(小学中学年から)

幸せをつかんだ犬たち

北浦清人/著(平凡社 本体1165円)

様々な事情で飼い主と離れ、野犬として暮らす犬を、立派な飼い犬に甦らせる過程を描く。犬への深い愛情に裏付けられた、個性豊かな犬たちの物語。(小学高学年から)

コロちゃんはどこ?

エリック・ヒル/さく・まつかわまゆみ/やく(評論社 本体900円)

みんなの大すきなコロちゃんの、じょうぶなボード絵本。ごはんなのに、コロちゃんがいない。ママがさがしにいくと…。楽しいしかけ絵本。(幼児から)

イヌのしんぶんこうこく

ロリー・S・ラーマン/ぶん・アリソン・バートレット/え・山口文生/やく(評論社 本体1300円)

都会でくらしたいイヌのデニーロは、飼い主をもとめる広告をだした。すると…。自分をほんとうに愛してくれる、理想の友だちとは…?(幼児から)

しあわせの3つのおしえ

エマ・チチェスタークラーク/さく・久山太市/やく(評論社 本体1300円)

ママがいつもいってた〈3つのおしえ〉を、ぼくはずっとまもってきた…。心やさしくけなげな犬の、しあわせをもとめる、冒険の旅。(幼児から)

ひな

瀬川康男/作(童心社 本体900円)

こいぬのひなは、なんにも知らない。なんでも知りたい。かえると出会うが……。なんだなんだ、このやつなんだ。その後に、ほんとの出会いが待っていた。(幼児から)

ひなとてんぐ

瀬川康男/作(童心社 本体900円)

なんだ、このひとだれだろう。こいぬのひなは、てんぐを知った。てんぐもひなを、かわいいとおもう。ふたりの、きみょうなあそびがはじまる……。(幼児から)

ベルナの目はななえさんの目

織茂恭子・郡司ななえ/作(童心社 本体1300円)

目の見えないななえさんは、白いつえで歩くのが苦手。ある時大決心して盲導犬に会いに行きました。ななえさんとベルナが心を通わせていく様を描く。(幼児から)

なかよし

さとうわきこ/作・絵(PHP研究所 本体1200円)

なかよしのいぬとねこがいてね。いぬとねこは夢中になって、おおきなおおきなしゃぼんだまをつくったんだ。だけど、気がつくと……。(幼児から)

だいすきなグー

いもとようこ/絵ごとうやすゆき/文(PHP研究所 本体1350円)

ダメ犬のグーがぼくのいえにやってきた。ぼくとグーはだんだんなかよしになれたのだけれど……。少年とだいすきな犬の生死を描いた感動の絵本。(小学低学年から)

さよならのむこうに明日があるよ

岸川悦子/作安永幸夫/絵(PHP研究所 本体1200円)

介助犬「太郎」は基礎的な訓練をへて障害をもつ野田さんのところにやってきた。野田さんとの出会いと心の通いあいをえがく感動の物語。(小学中学年から)

こんにちはいぬ

きたやまようこ/作(あかね書房 本体680円)

ハスキー犬のじんぺいが、ゆうたとさんぽにでかければ、いろんな犬と、いろんなかいぬしにであいます。「自分らしさ」について考えたくなる絵本です。(幼児から)

いぬうえくんがやってきた

きたやまようこ/作(あかね書房 本体1070円)

いぬのいぬうえくんが、くまのくまざわくんと友だちになるお話。気ままないぬうえくんの行動から、のんびり屋のくまざわくんはたくさんの発見をします。(幼児から)

スマッジがいるから

ナン・グレゴリー/作・ロン・ライトバーン/絵・岩元 綾/訳(あかね書房 本体1400円)

「ホーム」で暮らすダウン症のシンディは子犬を拾いますが、ホームでは飼えず彼女の働くホスピスに連れていきます。まわりの人々の心を癒す感動の絵本。(小学低学年)

サリー、山へいく

スティーヴン・ヒューネック/作・絵、くぼしまりお/訳(ポプラ社 本体1400円)

犬のサリーは、ご主人といっしょに初めて山に行くことになりました。山って、どんな所かな? いろんな動物と友達になれるかな?(小学低学年から)

しろがはしる

おぐらひろかず/作・絵(ポプラ社 本体1200円)

しろが吠える。朝早い散歩の催促。亡くなったおじいちゃんの代わりにぼくが散歩にゆく。しろがぼくをつれて、思い出いっぱいの道を走る。(幼児から)

きいてほしいの、あたしのこと

ウィンディキシーのいた夏
ケイト・ディカミロ/作・片岡しのぶ/訳・津尾美智子/絵(ポプラ社 本体1300円)

スーパーで出会った犬ウィンディキシーのおかげで、オパールはすてきな人たちと友達になった。少女と犬をめぐる温かな癒しの物語。(小学高学年から)

100ぴきのいぬ100のなまえ

チンルンリー/さく・え、きたやまようこ/やく(フレーベル館 本体1200円)

100匹の犬に名前をつけ、100匹の犬に食事を与え、100匹の犬と遊ぶ! そして犬への愛は1/100ではなく100倍に。飼い主と犬との素敵な関係を描く絵本。(幼児から)

バースデードッグ

斉藤 洋/作・高畠那生/絵(フレーベル館 本体1200円)

ある日突然、犬がやってきて、「私は誕生日の贈り物」といって部屋に入ってきたら、どうします? そんな異空間の出来事が絵本になりました。(幼児から)

犬とくらす犬と生きる まるごと犬百科

(全6巻)
金井康枝・他/文、森脇和男・他/監修(金の星社 揃本体17400円)

飼い方やしつけ方など基本的な知識から、犬と人の歴史、社会に貢献する犬、犬と関わる仕事に関する情報まで、犬に関するすべてがわかる情報が満載!(小学中学年から)

はちこう 忠犬ハチ公の話

いしだたけお/えくめげんいち/ぶん(金の星社 本体900円)

雨の日も風の日も、亡くなった主人を渋谷駅で9年間も待ち続けた忠犬ハチ公の物語。人と動物の心のふれあいの美しさと素晴らしさを伝える感動的な話。(幼児から)

ドッグ・シェルター 犬と少年たちの再出航

今西乃子/著・浜田一男/写真(金の星社 本体1200円)

ドッグトレーニングを通して、人に捨てられた犬たちと過ちを犯した少年たちが、再び社会と人間への信頼を回復していく姿を追う感動ノンフィクション!(小学高学年から)

ボサいぬくんのかゆ〜いいちにち

デイビッド・ベッドフォード/ぶん、グウィネス・ウィリアムソン/え、きむらゆういち/やく(くもん出版 本体1400円)

ある日ボサいぬくんが目をさますと、体中がムズムズかゆくてたまりません…。シャンプーもおふろもだいきらいなボサいぬくんの奮闘ぶりをお届けします。(幼児から)

目の見えない犬ダン

大西伝一郎/文・山口みねやす/絵(学習研究社 本体1200円)

捨てられていた目の見えない犬を、子どもたちが力を合わせて救ったお話。生き物に対する愛情の気持ちが大人たちを動かした感動ノンフィクションです。(小学低学年から)

盲導犬不合格物語

沢田俊子/文(学習研究社 本体1200円)

盲導犬になるために生まれてきた犬でも、その半数は盲導犬になれません。そんな不合格のレッテルをはられた犬たちのその後を追いかけたお話です。(小学中学年から)

猟犬物語ハルとフブキ

水上美佐雄/作井江 栄/画(学習研究社 本体1200円)

すぐれた猟犬ハルとフブキは、シシ狩りのなかまとして深い信頼で結ばれていた。でもフブキは猟で大けがを負い、悲しい運命が2頭をおそう……。(小学中学年から)

しょうぼう犬ドット

リーザ・デジミニ/作・絵、常陸宮妃華子/訳(国土社 本体1500円)

ドットは消防署にくらす、みずたま模様の消防犬。いざ火災がおこると、ヘルメットをかぶり勇敢に出勤します。アメリカではおなじみの消防犬を紹介。(幼児から)

せかいで いちばん おりこうな いぬ

アニタジェラーム/さ・え、常陸宮妃華子/やく(国土社 本体1200円)

世界で1番おりこうな犬は、ご主人のいいつけを守り、おすわりをしてずっとずっと待っていました。雷がなり、雹までふりはじめましたが…。(幼児から)

星空のシロ

井上夕香/文・葉 祥明/絵(国土社 本体1300円)

すて犬だったシロは、実験動物としてつらい体験をします。心ある人に救われて、ようやく幸せを手に入れるのですが…。生命の大切さをうたう絵本。(幼児から)

ぼくはいぬのプーシュキン

ハリエット・M・ジーファート/文・ドナルド・サーフ/絵・山元育代/訳(ほるぷ出版 本体1500円)

あんなにかわいがってくれたケイトもマイケルも、赤ちゃんがきた日からかまってくれない。ひとりっこの子どもに兄弟ができたときの気持ちをユーモラスに描く。(2歳から)

コートニー

ジョン・バーニンガム/作・谷川俊太郎/訳(ほるぷ出版 本体1600円)

だれもほしがらない雑種でじいさん犬のコートニー。でもコートニーは、料理を作ったり、バイオリンを弾いたりしてくれるすてきな犬。でもある日…。(4歳から)

どうながのプレッツェル

マーグレット・レイ/ぶん・ H・A・レイ/え・わたなべしげお/やく(福音館書店 本体1100円)

ダックスフントのプレッツェルは、世界一の胴長が自慢。でも、大好きなグレタは見向きもしてくれません。そして……楽しい犬の絵本の傑作。(幼児から)

もうどうけんドリーナ

土田ヒロミ/作・日紫喜均三/監修(福音館書店 本体838円)

愛らしい子犬が1年後、様々な訓練を経て盲導犬に。やがて盲人との出会い。盲導犬と盲人の心あたたまる日常をうたいあげた写真絵本です。(幼児から)

こいぬがうまれるよ

ジョアンナ・コール/文、ジェローム・ウェクスラー/写真、つぼいいくみ/訳(福音館書店 本体900円)

生まれたばかりの子犬って、目も見えず、耳も聴こえないのに、ちゃんとおっぱいの吸い方を知っています。アメリカでロングセラーの写真絵本。(幼児から)

消防犬ぶん公

水口 忠/作・梶 鮎太/絵(文溪堂 本体1400円)

ぶん公は「消防犬」。消防士といっしょに、火事場で消火に、救助に、大活躍していた。昭和の初め、小樽の町であった犬と人との心温まる実話。(小学中学年から)

ダルメシアン〜100と1ぴきの犬の物語

ドディー・スミス/著、熊谷鉱司/訳・J&A・グラハム=ジョンストン/絵(文溪堂 本体1800円)

誘拐された子どもたちを救うため、ダルメシアンのポンゴとミセスは走り始めた! 映画「101匹わんちゃん」の原作本。日本初完訳です。(小学高学年から)

チップとチョコのおでかけ

どいかや/作・絵(文溪堂 本体1200円)

チップとチョコは子犬の兄妹。マフラーを送ってくれたおばあちゃんの家にお礼に出かける途中、チョコはチップのマフラーが欲しくなって…。(小学低学年から)

さよならアンナ

パピーウォーカーの十ヶ月
山口 理/作・福田岩緒/絵(ひくまの出版 本体1300円)

3年生になった女の子しずきの家に、子犬のアンナがやってきました。盲導犬になる前の訓練をするためです。アンナの成長に励まされる、しずきを描きます。(小学中学年から)

ぽっけちゃんのおでかけ

那須田 淳/さく・黒井 健/絵(ひくまの出版 本体1000円)

子犬のぽっけちゃんのおでかけ。「どこへ行くの?」と聞くと「いいとこ!」と答えます。皆でぽっけちゃんについて行くと、そこは、おばあちゃんの家でした。(幼児から)

ぼくはウッキー

クラウディア・ビーリンスキー/作・那須田 淳/訳(ひくまの出版 本体1300円)

子犬のウッキーは、おなかがすいた、くたびれたと、暮らしの中で感じたことを、素直に表現することを覚えます。ベルリン生まれのかわいい子犬の絵本。(幼児から)

超カワイイ! こいぬのココロをチェック!!

佐々木江利子/文・杉山薫里/イラスト(汐文社 本体1300円)

子ども達の間で大人気のかわいい子犬の写真をたくさん掲載。子犬のしぐさなどから子犬のココロを楽しくチェックできます。(小学高学年から)

イヌのすべて調べ図鑑(1)

からだと能力を調べよう

今泉忠明/著・大石容子他/イラスト(汐文社 本体2200円)

イヌの力を知って、そのみりょくを本当に理解しよう。イヌの体、頭のしくみ、骨格、気持ちなどについて解説。(小学中学年から)

イヌのすべて調べ図鑑(2)

いろんなイヌの習性を調べよう

今泉忠明/著・大石容子他/イラスト(汐文社 本体2200円)

イヌの驚くほどの能力や、体のしくみのことなどは知っている? それぞれの犬の習性をいかした「イヌの仕事」について解説。(小学中学年から)

幸せをはこぶ使者 盲導犬からリタイア犬へ

日野多香子/著(岩崎書店 本体1300円)

盲導犬は、引退したらどうなるのでしょうか? ボランティアに引き取られたリタイア犬(元盲導犬)の幸せな老後を描く、感動のノンフィクション。(小学高学年から)

さようなら、ありがとう、ぼくの友だち ペットを失ったあなたへ

利岡裕子/文・河原まり子/絵(岩崎書店 本体1300円)

ぼくのたいせつな犬、ラッキーが死んだ。さようならを言う間もなく…。ラッキーはぼくといて幸せだったかな? ペットの死を受容していく少年の心。(幼児から)