“さがしています。こんな本”

月刊「こどもの本」2004年5月号より

伝統文化の本 NO.2

堂宮の職人(聞き書日本建築の手わざ(1))

伊藤ていじ/監修(平凡社 本体800円)

千年の木を千年生かす、日本の木の建築文化。その伝統を守る匠たちの手わざの真髄を京都・奈良・近江・鎌倉の堂宮大工に尋ね、職人芸の域を詳しく伝える。(中学から)

数寄屋の職人(聞き書日本建築の手わざ(2))

伊藤ていじ/監修(平凡社 本体800円)

茶室の様式を執り入れた数寄屋作り。〈無装飾の美〉を内に秘めた大工と裏方の職人道を大工の技術と伝統、銘木の今昔、鋸使いへと聞き書を展開。(中学から)

家作の職人(聞き書日本建築の手わざ(3))

伊藤ていじ/監修(平凡社 本体800円)

建具、指物、漆、表具、畳、鬼瓦を美しい造作と屋根作りの粋として、日本建築美を創出する第一線の仕事師に聞く。江戸指物師や漆職人など興趣は豊富。(中学から)

地域・郷土の伝統と文化

中野重人/監修・WILL子ども知育研究所/文(金の星社 本体2800円)

行事と祭り、名所、伝統工芸、昔から伝わる遊び、郷土の味など、総合学習に役立つ情報が満載。(小学中学年から)

うしろの正面だあれ

海老名香葉子/著・千葉督太郎/画(金の星社 本体1200円)

東京下町を舞台に、代々続く竿師の家に生まれた著者の子ども時代を通して描く、家族の愛と平和への祈り。(小学高学年から)

まんが国語なんでも事典シリーズ(全10巻)

桑原博史・石塚修・他/監修(金の星社 本体各1200円)

日本の文化である百人一首・俳句・短歌・外来語・方言などをわかりやすいまんがで楽しく解説。(小学中学年から)

2年2組はいく先生、松井ばしょうくん

那須正幹/作・ポプラ社 本体900円

ばしょうくんは2年生にして俳句の達人。悲しいことがあっても、つい気持を5・7・5にしてしまいます…笑いながら俳句のつくり方がわかる作品です。(小学低学年から)

かこさとし あそびの大惑星

あんただれさ どこさのあそび 遊びの歌劇舞踏団

かこさとし/文・絵(農文協 本体1262円)

同じ遊びでも国や民族によって色々。けんだま、おはじき、ビー玉、はねつき、ボール遊び、まとあて、あやとり、たこあげなど世界の遊びめぐり。(小学低学年から)

こども講談

ついてる月次郎

杉山亮/作・古川タク/絵(フレーベル館 本体1000円)

もとは三毛猫の月次郎、貧乏神に人間にしてもらい、怪物退治で長者の婿に!? 歯切れのよい講談調で語られる、ついてる月次郎の物語。これにて一席!(小学中学年から)

林家木久蔵の子ども落語その1

お殿さま・おさむらい編

林家木久蔵/編(フレーベル館 本体1500円)

ご存じ木久蔵師匠の選んだ落語が十四話収められています。笑いのベースがたくさん詰まっている落語は、声を出す読み聞かせに最適です。(小学中学年から)

日本むかし話ぼうさまのき

瀬川康男/絵・松谷みよ子/文(フレーベル館 本体1500円)

味わいのある語り口調と芸術作品さながらの絵で展開する、昔話の決定版! インクや紙も選びぬいた、豪華コンビによるこだわりのシリーズより。(5歳から)

日本の楽器(全6巻)

高橋秀雄/総監修(小峰書店 揃本体27000円)

平成14年度から中学校音楽で必修になった日本の楽器。打楽器、弦楽器、管楽器を中心に、歌、歴史も解説。各巻CDつきでわかりやすい内容。(中学生から)

日本の伝統芸能(全8巻)

高橋秀雄・芳賀日出男/監修(揃本体23304円)

雅楽、能・狂言、歌舞伎、文楽、日本の祭り、寄席芸・大道芸など、日本の伝統芸能を豊富なカラー写真とともにわかりやすく解説する。(小学高学年から)

ジュニア版写真で見る俳句歳時記(全7巻)

長谷川秀一・原雅夫/監修・社団法人俳句協会/協力(小峰書店 揃本体28000円)

季節ごとの代表的な季語約3200を、美しいカラー写真と例句で解説。(小学高学年から)

おばあさんのお手玉

大西伝一郎/作・末崎茂樹/絵(ひくまの出版 本体1300円)

愛媛県新居浜では、お手玉の伝承が盛んです。これはお手玉の上手なおばあさんが、お手玉を通して戦争の悲しい思い出と、平和の大切さを語る、感動作。(小学中学年)

ひなさまのうた

金田喜兵衛/作・狩野ふきこ/絵(ひくまの出版 本体1300円)

愛知県奥三河地方では、旧暦の2月28日に、代々伝わる土びなをまつる「ひなさまごろじ」という遊びをします。その遊びを通して友情を描いた物語。(小学中学年)

鬼のおくりもの

金田喜兵衛/作・狩野ふきこ絵(ひくまの出版 本体1300円)

2月3日節分の夜、鬼が心の優しいゆうへいに素敵な贈物をすると言うのです。それは走ることが苦手なゆうへいに「走る力」を授けるというものでした。(小学中学年から)