“さがしています。こんな本”

月刊「こどもの本」2020年6月号より

環境問題を考える本No.2

環境問題を考える本No.2


最新! リサイクルの大研究

田崎智宏/監修 (本体3200円 PHP研究所)

循環型社会に不可欠なリサイクルの基本や法律を紹介するとともに、身近なモノのリサイクルの最新技術、リサイクル率などの現状を解説。

ISBN978-4-569-78844-9(小学中学年から)


ごみはどこへ行くのか?

熊本一規/監修(本体3000円 PHP研究所)

家庭から出るごみは、どのように収集・処分されているのでしょう。清掃工場や埋立処分場のしくみを写真やイラストで紹介しながら解説。

ISBN978-4-569-78729-9(小学中学年~中学生)


食品ロスの大研究

井出留美/監修(本体3200円 PHP研究所)

食品ロスの現状と原因を解説し、減らすための商習慣の見直し、フードバンクなどの取り組み、家庭や学校でできることなどを紹介。

ISBN978-4-569-78896-8(小学中学年~中学生)


運命の海に出会って レイチェル・カーソン〈新装改訂版〉

マーティー・ジェザー/著・山口和代/訳(本体1400円 ほるぷ出版)

エコロジーと自然保護をはじめて結びつけ、環境汚染を告発したレイチェル・カーソンは現代社会に大きな影響を与えた。1994年刊行の新装改訂版。

ISBN978-4-593-53521-7(小学高学年から)


水のぼうけん

マルコム・ローズ博士/ぶん・シーン・シムズ/え・ひろうちかおり/やく(本体2000円 大日本絵画)

エコロジーと自然保護をはじめて結びつけ、環境汚染を告発したレイチェル・カーソンは現代社会に大きな影響を与えた。1994年刊行の新装改訂版。

ISBN978-4-499-28616-9(小学高学年から)


野生の動物を守りたい

フランセス・バリー/ぶん・たにゆき/やく(本体1500円 大日本絵画)

動物のくらしを守るために、何ができるのでしょうか? 野生動物との共存や自然保護について、わかりやすく紹介する絵本です。

ISBN978-4-499-28314-4(4歳~学齢前)


ワイルド

キャシー・ウォラード/ぶん・ダン・ケイネン/さく・きたなおこ/やく(本体3200円 大日本絵画)

自然破壊と地球温暖化が原因で、多くの動物が絶滅の危険にさらされています。フォティキュラー技術によって、絶滅寸前の動物たちが動きだします!

ISBN978-4-499-28728-9(小学高学年から)


みずとは なんじゃ?

かこさとし/作・鈴木まもる/絵(本体1500円 小峰書店)

水とは、いったいどんなものなのでしょうか? 暮らしの中で出会う水を通して水の不思議な性質を知り、科学する心をはぐくむ、かこさとし最後の絵本。

ISBN978-4-338-08161-0(5、6歳から)


ライチョウを絶滅から救え

国松俊英/著(本体1500円 小峰書店)

地球温暖化などの影響で、絶滅の危機にひんしているライチョウ。その研究と保護につくす中村浩志先生のすがたを通して、日本の自然環境を考える。

ISBN978-4-338-32101-3(小学高学年から)