こどもの本

私の新刊
『ともだちって だれのこと?』 岩瀬成子・作 中沢美帆・絵

(月刊「こどもの本」2015年10月号より)
中沢美帆さん

森の小さきねずみくん

『ともだちって だれのこと?』は、主人公のねずみくんが、ちょっとした行き違いで、テンとの友情に疑問を感じることから始まるお話です。「友達って、もしかしたらぼくのことじゃないのかもしれない…」ねずみくんは自分に自信をなくして、不安が心に広がります。私も、子どもの頃に感じた友達への不安や悩みが心によみがえってきて、胸がざわざわとなりました。
 それでも、ねずみくんはいつまでもクヨクヨしていません。テンの友達ってだれなのか、真相を確かめるために立ち上がり、森へと出かけて行きます。小さくて勇ましいその姿は、好きにならずにいられません。
 森の中で、ねずみくんは動物達にテンのことを聞いてまわります。でも、みんなはそれぞれ気ままな時間を過ごしていて、ねずみくんの心配事など、全く気づきません。あまりに呑気な様子に、思わず楽しい気持ちになってしまいます。登場する動物達の個性を感じることができるのも、このお話の魅力のひとつだと思います。
 絵を描く時にも、それぞれの性格に合った容姿を描くことを、かなり心がけました。私の絵は切り絵なので、上手くいかなければいかないほど、切り取られたモチーフが、どんどん机の上を占領していきます。動物達を描いている時も、なかなか思うような姿にならず、特にねずみくんは、ちょっとした大きさの、ねずみの山が出来上がりました。それでも描き続けていると、ある時突然、水色の上着を着た小さなねずみくんが、前からずっといたような顔をして、紙の上にいるのです。少し前までいなかったのが、不思議になります。
 そうして出来た、ねずみくんのちょっと大変だった一日の絵本。共感したり、お気に入りの動物やモチーフを見つけたりして、さまざまに楽しんでもらえたら嬉しいです。

(なかざわ・みほ)●既刊に『お日さまとトナカイ シベリア・極東のむかしばなし集』(むらやまあつこ/訳)。

『ともだちって だれのこと?』
佼成出版社
『ともだちって だれのこと?』
岩瀬成子・作 中沢美帆・絵
本体1、300円