こどもの本

私の新刊
『身長と動物と初めての絵本』 聞かせ屋。けいたろう

(月刊「こどもの本」2014年12月号より)
聞かせ屋。けいたろうさん

身長と動物と初めての絵本

「いやだ! いやだ! うわ〜ん‼」2013年春、千葉駅近くの保育園。わたる君(3才)が、身長測定をいやがって、泣いている。アルバイト保育士としてそれを見ていた僕は、「子どもたちがもっと身長測定を楽しんでくれるといいな」と思った。それから、「動物が身長を測っていたらおもしろいなぁ。子どものようにいやがるのだろうか?」と考えた。そのおもいつきは、「キリンのしんちょうけい、ぞうのたいじゅうけい」という題のお話になった。そして、絵本の編集会議へ。一時は「どうぶつけんこうしんだん」になったりもしたが、最終的に「どうぶつしんちょうそくてい」として完成した。

 大きくなりたい願望を、動物たちは体で示す。ウサギは耳をぴん! と立てて、ワニはズルをして3匹積み重なる。子どもが、ちょっと背伸びをしたくなる気持ちと重ねて。できた文章を、絵描きの高畠純さんに渡すと、測定係のゴリラ先生と、人間の女の子を描き添えてくれた。女の子がいることで、子どもたちと動物の大きさが比べられる。「こうして、お話が絵本になっていくのか!」と、僕は感動した。そして、ラフスケッチを保育園の子どもたちに読み聞かせた。

 上野動物園には、何度も取材に行った。実際に、動物園での身長測定はない。でも、絵本のように実際に測らせてもらった。あばれるウサギにあやまりながら、メジャーを当てて40㎝。ワニはこわいので、ガラス越しにメジャーを当てて、50㎝。キリンは、高すぎて大変! メジャー代わりに長い竹の棒を立てて、何とか計測。保育園よりずっと手のかかる身長測定だった。

 動物園の皆さん、そして動物たちに多大なご協力を頂いてできた、初めての絵本。動物園のにおいがしたら、うれしいなぁ。路上から絵本の読み聞かせを始めて8年。まさか自分が絵本作家になるとは、信じられない。なんて、ありがたいことだろう! 発売後、夜の路上で読んだ。相変わらず北千住駅前で、仕事帰りの大人たちにむけて。

(きかせや・けいたろう)●既刊に『絵本カルボナーラ おいしい絵本を召し上がれ!』。

「スナーク狩り」
アリス館
『どうぶつしんちょうそくてい』
聞かせ屋。けいたろう・文
高畠 純・絵
本体1,300円