こどもの本

私の新刊
『スナーク狩り』狩り 穂村 弘

(月刊「こどもの本」2014年12月号より)
穂村弘さん

『スナーク狩り』狩り

『不思議の国のアリス』のルイス・キャロルの言葉に「ムーミン」のトーベ・ヤンソンが絵をつけた『スナーク狩り』があるんだけど、その本を訳しませんか。編集者のOさんに、そう云われて驚いた。そして、思わず引き受けてしまった。その二人の名前と一緒に自分の名前が並んでいるところを、つい想像してしまったのである。

 だが、ミーハーな心に罰が当たったのか。翻訳作業は難航した。『スナーク狩り』は魅力的で危険な本だった。遊びと謎の塊なのだ。どこから手をつけていいのかわからない。

 そんな或る日、ずっと昔に『不思議の国のアリス』の翻訳を依頼されたことがあったのを思い出した。でも、断ったのだ。なのに、どうして『スナーク狩り』はやろうと思ったのか。それは、たぶん、『スナーク狩り』が韻文だからだろう。私は普段日本の韻文である短歌を作っている。韻文、韻文、韻文には韻文を。ぼんやりと一つのアイデアが浮上した。思いついたのは、日本の長歌形式を借りてみることだった。「五・七」のリズムを任意の回数繰り返して、最後を「五・七・七」で終えるスタイルである。

「スナークの(五)/いそうな場所だ!(七)」/船長の(五)/ベルマンはそう(七)/叫びつつ(五)/一人一人の(七)/髪の毛に(五)/指を絡めて(七)/そろそろと(五)/陸へと運ぶ(七)/押し寄せる(五)/波のうねりに(七)/攫われぬよう(七)

 これでやってみようかな、と思った。でも、まだ先は長い。果たして最後まで到達できるのか。長歌形式による五七調という縛りに加えて、一連が四行という枠もある。不安なままに船出した。翻訳作業も佳境に入った夏、トーベ・ヤンソンの生誕百年を迎える母国フィンランドに行った。『スナーク狩り』の一行のように、彼女がムーミンを書いた夏の家のある島にも「上陸」した。私は古びた書き物机に向かって祈った。どうかこの韻文の旅が目的地に辿り着けますように。

(ほむら・ひろし)●既刊に『本当はちがうんだ日記』『にょっ記』『X字架(じゅうじか)』(宇野亞喜良/絵)など。

「スナーク狩り」
集英社
『スナーク狩り』
ルイス・キャロル・作
トーベ・ヤンソン・絵
穂村 弘・訳
本体1,200円