こどもの本

私の新刊
『食べて始まる 食卓のホネ探検』 盛口 満

(月刊「こどもの本」2014年7月号より)
盛口満さん

自然はいつもそこにある

 小学校の時、お古になったこども向け雑誌を一揃い貰い受けた。その中のある一冊が、西表島特集号。グラビアに写された生き物の数々は、僕の度肝を抜き、以来、西表はアコガレの土地となった。

 最初に西表を訪れることができたのは大学一年の春休み。以来、何度、西表を訪れたか定かではない。最近はなかなか西表に行く時間がないのだけれど、行くと必ず寄る場所がある。それが、波でくずされた貝塚の跡だ。波うちぎわに散らばる貝や陶器に混じって、いろいろな魚や動物たちの骨が落ちている。正体は何? そして、なにより、こんな「もの」をとって食べていたという昔の人のくらしに思いを馳せて、ちょっと、ドキドキする。なにせ、散らばる骨には大きなサメの骨や、ジュゴンの骨まで混じっているのだから。 かつて西表にアコガレ、長期休みとなると沖縄行きの飛行機に飛び乗っていた僕は今、沖縄に住んでいる。ただし沖縄といっても、僕の家のある那覇は大都会だ。僕が普段大学で教えている沖縄出身の大学生も、自然オンチ度でいえば、東京や大阪の子たちと変わらない。なにせ、キャベツとレタスの違いが判らない学生がいたり、カツオブシが木の皮だと思っている学生がいたりするのだから。

 僕たちは今、どこにいるのだろう。そして何ができるのだろう。そんなことを確かめたくて食卓の探検に出てみることにした。僕たちは今もなお、生き物だ。だから毎日、ほかの生き物たちを食べて生きている。そのことを、食べ物の中の骨から探れないだろうかと。アジのひらきに沖縄おでんのトンソクの煮つけ。食べて、洗って、干して、絵に描いて、その骨の持ち主のくらしや、進化の歴史に思いを馳せる。そんな経過の中で、いつのまにか僕の机のまわりには、小さな骨の集積場が。これは、プチ貝塚ではないか……。

 自然はいつもそこにある。ただ、それと気づかないだけ。ときどき、その言葉を思い返すようにしている。さて、次はどんな食卓の探検にでかけようか。

(もりぐち・みつる)●既刊に『見てびっくり 野菜の植物学』『食べられたがる果物のヒミツ』など。

「食べて始まる 食卓のホネ探検」
少年写真新聞社
『食べて始まる 食卓のホネ探検』
盛口 満・文・絵
本体1,800円