こどもの本

私の新刊
『「赤毛のアン」と花子 翻訳家・村岡花子の物語』 村岡恵理

(月刊「こどもの本」2014年5月号より)
村岡恵理さん

子ども時代に出合ってほしい名作

 NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」の放送が始まった。『赤毛のアン』の原書を戦禍の中で守りぬき翻訳した、村岡花子の半生が描かれている。ドラマの原案は2008年に刊行した『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』。そして本書、『「赤毛のアン」と花子 翻訳家・村岡花子の物語』は、子ども向けの伝記として、このたび新たに書き下ろしたものである。物語を通して夢と希望を贈り続けた花子の人生を、子どもたちにも伝えたいと思った。

 子ども向けということで、幼少期から青春時代の親しみやすいエピソードに重点を置いている。文学少女の花子が、やがて自らが本を作る人となり、運命の本と出会っていく過程を描きながら、私自身、本の力を再認識した。知識や情報の伝達の目的だけではない。「本」という小さな箱の中には、関わった人たちの夢や涙や愛が込められている。一冊の本との出合いが、時に人生を変えるほどの大きな力を持つことだってある。私の少女時代には、すでにたくさんの絵本や海外の名作シリーズが出版されていたが、それでも本は特別なものであり、誕生日やクリスマスのプレゼントとして贈られた。読書をする際にも、本を開いたまま伏せたり、本の上を跨いだりすると、ひどく母から叱られたのを覚えている。日常生活の中で「本」は偉くて、大事なものと教えられた。昨今、ゲームやインターネットに凌駕されているが、本とはそういうものだったのだ。

『赤毛のアン』を大人になってから再読して、人生の真理が描かれていることに驚いたという声をよく聞く。特に今回のドラマ化は大人たちの再読の機会となっている。この作品には、読んだ時代や年齢、その時の心情に、作品の方が合わせて応えてくれる懐の深さがある。名作と呼ばれる所以だろう。

 児童書の世界でも名作離れが言われているらしいが、やはり子ども時代に一度は通ってほしい道ではある。出会いがなければ再会もない。本書をきっかけに子どもたちが『赤毛のアン』を手にとってくれたら、それこそ本望である。

(むらおか・えり)●既刊に『アンのゆりかご』『村岡花子と赤毛のアンの世界』『アンを抱きしめて─村岡花子物語』など。

「「赤毛のアン」と花子 翻訳家・村岡花子の物語」
学研マーケティング
『「赤毛のアン」と花子 翻訳家・村岡花子の物語』
村岡恵理・著
本体1,300円