こどもの本

私の新刊
『フラワー・フェアリーズの日記 妖精の冬の家』 はしもとすみれ

(月刊「こどもの本」2014年4月号より)
はしもとすみれさん

英国レディの気分で

 シシリー・メアリー・バーカーと聞いてぴんとこない方も、ちょっと前に(あっと訂正、かなり昔に)少女だったなら、表紙のイラストを見たとたん、「ああ、これ!」とにっこり笑うことまちがいありません。懐かしの高級チョコレート、森○ハイ○ラウンのおまけの妖精カードを、胸をときめかせて集めませんでしたか? キュートなのに緻密で、リアルなのに幻想的、そんな魅力あふれる花の妖精たちがフラワーフェアリーズです。

 英国の挿絵画家シシリーが『花の妖精』詩画集を発表したのは、主に一九二〇年代から一九四〇年代にかけて。彼女は一九七三年に七七歳で亡くなりましたが、フラワーフェアリーズはしかけ絵本の中によみがえりました。  本書は一冊丸ごと、ある冬にシシリーが書いた日記になっています。花が咲かない寒い冬、住む場所のないバラの妖精のために、端切れや苔を使ってシシリーが〝冬の家〟を作ってあげる様子が綴られています。日記は、「こんなことがあったわよね」と未来の自分へ語りかけているとも言えるので、翻訳するときは、「ねえ、聞いて」「なにがあったと思う?」と会話ふうにしました。シシリーの時代のレトロな雰囲気を感じてもらいたくて、「~ですもの」「~じゃなくって?」とちょっぴりエレガントにした部分もあります。英国レディの気分にひたってもらえたら嬉しいです。

 しかけ絵本ならではの楽しさとしては、一ページ一ページに封筒や絵ハガキが貼りつけられてコラージュのようになっています。それをめくったり開いたりしてシシリーからのメッセージを見つける楽しさといったら! 大人でさえそうですから、小さな女の子はどんなにわくわくどきどきすることでしょう。目を輝かせて覗きこむ姿を思い浮かべるだけで、わたしも幸せになります。

 乙女の夢が詰まったこの絵本を、「わたしの宝物!」と言ってぎゅっと抱きしめてもらえたらいいな。

はしもと すみれ●既訳書に『フラワー・フェアリーズの日記』、『ファースト・ラブ』『世界の探検大百科』(以上共訳)など。

「フラワー・フェアリーズの日記 妖精の冬の家」
大日本絵画
『フラワー・フェアリーズの日記 妖精の冬の家』
シシリー・メアリー・バーカー・作
はしもとすみれ・訳
本体3,000円