こどもの本

私の新刊
『うんこはごちそう』 伊沢正名

(月刊「こどもの本」2014年4月号より)
伊沢正名さん

ノグソは命の返し方

 食べることで多くの命を奪い、ごちそうをウンコに変えて私たちは生きている。そのウンコをトイレに流せば処理に多くの電気や石油を費やし、ウンコを燃やした灰はコンクリートに固められる。そんな命を消費するだけの生活をなんとかしたいと思うのだが……。

 自然の中ではキノコやカビやバクテリアなどの菌が、落ち葉や枯れ木、死骸やウンコなどの死んだ有機物を腐らせて土に還している。これこそ生き物の死を新たな生に繋げる生態系の循環の要点だ。では、人間も野生動物と同じようにノグソをしたらどうなるだろう。私は林の中に埋めたノグソを実際に一五〇ほど掘り返し、自然の中でのウンコの分解過程を調べてみた。

 人糞は獣や虫に食べられ、菌が分解した後の無機養分は樹木が根を伸ばして吸収したり、植物が芽生えたりして新しい命に変わっていった。そして秋には、ノグソ跡にキノコが沢山生えた。自分のウンコは自分自身には不要なカスかもしれないが、他の生き物にとってはごちそうであり、命の素であることを、この目でしっかり確かめた。

 命の返し方を知った私は田舎暮らしをいいことに、実は四〇年前から積極的にノグソを始めて、すでにその数は一二六〇〇回を超えている。それほどまでにノグソにこだわるのは、自分の生きる責任に向き合い、さらに自然と共生する悦びまで感じるからだ。

 夢や希望、発展などという美しい言葉で自然から多くのものを奪い、私たちの暮らしは豊かになった。その反面環境破壊や資源・食糧枯渇などの危機を招きながら、ウンコを灰にしている。私は五週間連続で日々のウンコを量ったところ、一日平均二四一グラム。ということは日本全体では毎日約三万トン、一年では一千万トンものウンコが生まれているはずだ。この大量のウンコを命の素として活かせば、多くの問題解決に波及するに違いない。しかし偏見とタブーに縛られた世間の大人どもは、まともにウンコに向き合おうとはしない。それならば、まだ純粋なこどもたちに命の循環の本質を伝え、次世代に希望を繋げたいと願っている。

(いざわ・まさな)●既刊に『くう・ねる・のぐそ』『きのこ博士入門』『カビ図鑑』など。

「うんこはごちそう」
農文協
『うんこはごちそう』
伊沢正名・写真と文
山口マオ・絵
本体1,600円