こどもの本

私の新刊
『おおきなかぼちゃ』 おびか ゆうこ

(月刊「こどもの本」2011年11月号より)
おびか ゆうこさん

楽しさいっぱいハロウィン絵本!

 最近は日本でも十月になると、あちこちで、カボチャの飾りつけが目につくようになりますね。カボチャといっても、外側が深緑色をした日本風の「かぼちゃ」ではありません。外も中も色あざやかな、だいだい色のハロウィンのカボチャ、パンプキンです。そして、お菓子屋さんやパン屋さんには、カボチャの形をしたクッキーやパンが並びます。もちろん、カボチャのパイも! カボチャ好きには、なんとも嬉しい季節のおとずれです。

『おおきなかぼちゃ』は、そんなハロウィンにぴったりの、とてもゆかいで楽しい絵本です。ハロウィンというのは、本来あちらの世界にいるものが、こちらの世界へやってくる、ちょっと恐いお祭り。ところが、ここに登場する魔女や幽霊たちは、恐いどころか、思わずくすりと笑いたくなるほどユーモラスで、あいきょうたっぷりです。

 吸血鬼やミイラまで出てきて、大きなカボチャを、それぞれ力いっぱい引っぱります。「ぐいっ! ぐぐぐいっ! うぐっ うぐっ ういー!」と。

 ところが、カボチャはびくともしません。そこで、最後に登場するのが、小さいけれど賢いコウモリ。その知恵と、みんなの力で、巨大なカボチャをようやく収穫できるのです。

 ここまで読んで、どこかで聞いたようなお話だなあ、と思っていらっしゃる方も多いのでは? まさに、ロシアの民話、『おおきなかぶ』のカボチャ版ですね。作者のエリカ・シルバーマンさんは、子どもの頃から、『おおきなかぶ』のお話が大好きだったそうです。ただ、協力のし方や結末はちがいますので、お楽しみに!

 この絵本には、ひとりでふんばるのではなく、仲間と協力してやりとげることの大切さ、ひとりじめするより、みんなで分け合うことの楽しさが、パイの中味のようにつまっています。

『おおきなかぼちゃ』で、ハロウィンがいっそう楽しい行事になりますように。そして、みんなで、おなかいっぱい、カボチャのパイを食べましょう!

(おびか・ゆうこ)●既訳書にC・ロード『ルール!』、G・シールズ『だいすきがいっぱい』など。

「おおきなかぼちゃ」
主婦の友社
「おおきなかぼちゃ」
エリカ・シルバーマン・作 S・D・シンドラー・絵
おびかゆうこ・訳
本体1,200円