こどもの本

私の新刊
『えんまのはいしゃ』 二見正直

(月刊「こどもの本」2011年11月号より)
二見正直さん

力をくれた〝おにぎり山〟

 くすのきしげのりさんの書いたこの物語は、表面的には〝笑っちゃう話〟なのですが、注意して読むと深い味わいがあります。作画にあたり、その味わいを生かすため、風合いのある手漉き和紙を使用しました。現在私の住む長野県長和町で購入した手漉き和紙です。町には、三百年の歴史を持つ和紙作りの技術が伝承保存されているのです。

 長和町について少し書いておきます。一年前、私は良質な創作環境・子育て環境を求めて、この地にやって来ました。下見のため初めて訪れたとき、この山あいの町の、両側にぽこぽこと並ぶ〝おにぎり山〟に惹かれました。本当に三角おにぎりの形をした、小さな山々。心をほっとなごませてくれる名もない山々です。こんな山に囲まれて生活したい、と強く感じました。

 山だけでなく、タヌキやキツネがひょっこり現れたり、リスが木々を飛び回っていたり、とにかく自然がいっぱいなのが長和町の魅力です。この大好きな町で、いま私は創作と子育てに励んでいます。

 ところで、私が絵本を描き始めたのはユリ・シュルヴィッツ作『ゆき』に出会ったことがきっかけでした。私は、たった一冊の絵本が持っている力の大きさ、そしてたった一冊の絵本が持ち得る可能性の限りなさを、この本に見ました。作者には『よあけ』という作品もあり、こちらも素晴らしい。

 先日この『よあけ』を読み返していて、新しい発見をしました。湖が物語の中心舞台ですが、背景に山が出てきます。その山が長和町の〝おにぎり山〟にそっくりなのです。同じように心をなごませてくれる味わいのある山です。私はうれしくなりました。大好きな作家が、大好きな町の風景を表現していた…。

『えんまのはいしゃ』は、二種類の〝おにぎり山〟から、たくさん力をいただいて作画することができました。本書が、どなたかの大好きな一冊となることを心から願っています。

(ふたみ・まさなお)●既刊に『もっと おおきな たいほうを』、「おとうさんとぼくのえほん」シリーズ、『いちご電鉄ケーキ線』など。

「えんまのはいしゃ」
偕成社
「えんまのはいしゃ」
くすのきしげのり・作 二見正直・絵
本体1,200円