こどもの本

私の新刊
『3びきこりすのおたんじょうびケーキ』 権田章江

(月刊「こどもの本」2013年10月号より)
権田章江さん

とびきり素敵なお誕生日ケーキ

 若い頃、色々な職業を転々として、その話をすると大抵「何でもやってるね~」と驚かれます。レストラン、ケーキ屋、百貨店、デザイン事務所、アパレルショップ、インテリアショップ、カーテンメーカーで営業、紅茶専門店、塗装工場、公園でカウンターを手にカチカチというのも…まだまだ書ききれませんが、この中でケーキ屋さんや紅茶専門店などは、私の絵本「3びきこりす」に役立ったのかな、などと思います。

 クレープ屋さんで働いていたこともあって……ある夏の日、小学生の男の子がお小遣いを握りしめてクレープを買いに来ました。クレープって、メニューもあるけど中身を好きにトッピングもできるんです。その日はとても暑くって「アイスをダブルにしたい」とのこと。「じゃあ好きなのを選んで」と、その子の好きに選ばせると……「オレンジシャーベットとブルーソーダシャーベット、そこにチョコレートソースをかけて!」はいはい、まかせて! ジャーン! できあがりは……「うわ~……まずそう!」た、たしかに……オレンジと青が混じり合ってそこにドロッとしたチョコレートがさらに重なり合い……「失敗したな、おいしそうな組合せで勧めてあげれば良かったな」と思った経験でした。

 さて、私の1作目の絵本『3びきこりすのケーキやさん』のこりすたち、チョコ、マカ、ロンはそんな失敗はいたしません。メニューの無いケーキ屋さんで、その人に合ったケーキで困りごとを解決してくれます。しかもとってもおいしい!         

 今回2作目となる『3びきこりすのおたんじょうびケーキ』ではとびきり素敵なお誕生日ケーキをつくります。

 だれにとっても特別なお誕生日。この本を読んだ子が大きくなって、「なんだかとても美味しそうなお誕生日ケーキの絵本があったな」と心のどこかにこっそり残るような、そして「その本はなんだかとても温かい気持ちになる本だったな」と思い出してもらえたら……そんな思いを込めて作らせていただきました。

(ごんだ・あきえ)●当シリーズがはじめての絵本。

「3びきこりすのおたんじょうびケーキ」
教育画劇
『3びきこりすのおたんじょうびケーキ』
権田章江・作・絵
本体1,100円