こどもの本

私の新刊
『はじめての古事記 日本の神話』 竹中淑子(左)、根岸貴子(右)

(月刊「こどもの本」2013年5月号より)
竹中淑子(左)、根岸貴子(右)さん

日本神話の魅力を伝える

「古事記」編纂千三百年にあたる昨年の十一月に、徳間書店より『はじめての古事記』を出版しました。

 この本は「古事記」上巻の神話の部分のみを、小学校中級くらいの子どもが読める、やさしいお話の形に書きあらためたものです。

 天地創造に始まり、イザナキとイザナミの誕生、黄泉の国への旅、天の岩戸、ヤマタノオロチ、イナバノシロウサギと、有名なエピソードが続き、オオクニヌシの国づくり、国ゆずり、と、日本の神話最大の事件を経て、ウミサチとヤマサチで終わる、という構成になっています。

 私たち二人は、長いあいだ図書館の児童サービスや子どもの本の研究に関わってきましたが、常日頃、日本の神話を子どもに手渡すのはむずかしいと感じていました。

 昔は唱歌や大人の話などを通して、知らず知らずのうちに神話に触れていたものです。でも今はそのような機会があまりありません。

「古事記」のお話に基づいた絵本や読みものはあっても、神話のイメージから程遠かったり、すすめたいと思うものは、今の子どもにむずかしすぎたり……。そこで、原典に忠実で、しかも親しみやすい再話ができないものかと考えて、十年以上前から仕事をすすめてきたのです。

 再話にあたっては、物語の流れをたどるだけでなく、古代日本人の自然観や宇宙観を反映した、日本神話独特の魅力を伝えようと、工夫を重ねました。

 また長年お話を語ってきた経験を生かして、子どもが読み聞かせてもらったとき、イメージしやすい文章にすることも心がけました。

 この本をきっかけとして、多くの方が「古事記」に関心をもって下さることを願って、タイトルは『はじめての古事記』としました。

〝古典のお勉強〟と構えず、子どもも大人も、力強く、おおらかで、ふしぎな神話の世界を楽しんでいただければ幸いです。

(たけなか・よしこ、ねぎし・たかこ)●本書がはじめての共著。

「はじめての古事記 日本の神話」
徳間書店
『はじめての古事記 日本の神話』
竹中淑子、根岸貴子・文
スズキコージ・絵
本体1,300円