こどもの本

私の新刊
『よいこはもうねるじかん』 高畠じゅん子

(月刊「こどもの本」2013年4月号より)
高畠じゅん子さん

真夜中の創作

 隣で寝ている私を「うぁーあぁー」と、五カ月になったばかりの娘は、三時間〜四時間の間隔で泣き、起こしてくれていました。それは、二年も前の三月の事です。

「泣きたいのは私の方だよ」と呟きながら、娘を抱き寄せ、乳を含ませる日々。夜中に何回も寝ては起きてを繰り返すうち、寝付けなくなってしまうことも多かった私は、この時間を絵本創作にあてることにしました。こうして布団の上で夜な夜な考えできたのが、『よいこはもうねるじかん』です。

 絵本創作をはじめて、七年になるのですが、この絵本は、お話の道筋を順序立てて作った、というよりは、ふわふわと思いを巡らせるうちに、「できちゃった」という感覚に近いように思います。突拍子もない登場人物の数々が頭に浮かび、自分でも収集がつかないのではないかと戸惑いつつも、登場人物を頭の中で遊ばせているうちに、一つ、二つ、とアイディアが浮かびました。夜は、不思議な力を持っているのかもしれません。

 娘は、乳飲み子だったので、夜中に何度も起きていたのは当たり前なのですが、自分自身、物心がついた頃どうだったかというと、なかなか寝付けない子どもでした。「暗い=怖い」という本能的なこともありますが、寝ている部屋のドアから、廊下の灯りがスーっと延び、リビングから聞こえるTVや両親の話し声は、さっきまで自分が生活していた場所とは思えないほど遠く、子ども部屋もまた、昼間とは全く様相を変え、何が起きても不思議じゃないような空間に思えて、胸が高ぶる、そんな日も多かったように思います。

 今回、絵を高畠純先生が描いてくださることになり、ドキドキワクワクするような、夜の世界観が表現されていて、とても嬉しく思いました。

 最後に、この絵本はタイトルこそ『よいこはもうねるじかん』ですが、いささか読後は、覚醒!します。寝付かせたいお父さんやお母さんには、少々「⁉」な一面もあるかと思いますが、子どもさんと一緒に楽しんで読んでいただければ嬉しいです。

(たかばたけ・じゅんこ)

「よいこはもうねるじかん」
BL出版
『よいこはもうねるじかん』
高畠じゅん子・さく
高畠 純・え
本体1,300円