こどもの本

私がつくった本42
徳間書店 田代 翠

(月刊「こどもの本」2013年2月号より)
ぼくとヨシュと水色の空

『ぼくとヨシュと水色の空』
ジーグリット・ツェーフェルト/作、はたさわゆうこ/訳
2012年11月刊行

『ぼくとヨシュと水色の空』は、親友同士のふたりの少年を描いたドイツの児童文学だ。十歳の少年が互いを思いやり、相手を心配したり、ときには腹を立てたりする様子に、読者もきっと共感するのではないだろうか。

 心臓が弱いヤンと、そんなヤンをいじめっ子からかばってくれる体の大きなヨシュ。家庭環境も対照的なふたりだが、この本の版権を取得する前に検討用のあらすじを読んだとき、「川で拾ったナイフをふたりの宝物にする」というエピソードに心惹かれた。子どものころ、私もよく、拾った石ころを「宝箱」に入れたりしたものだ。子ども時代は、毎日がそんな宝物や、大小の事件にみちあふれていた気がする。ヤンとヨシュのふたりに起こる出来事が、子どもの目線でしっかりとすくい上げて描かれているところが、この作品の大きな魅力だと思った。

 翻訳をお願いしたのは、柔軟に言葉を選んで訳文を編みあげてくださる、はたさわゆうこさん。打ち合わせを重ね、ヤンとヨシュはどういう子でしょう?と話し合ううち、私もはたさわさんも、ふたりのことがすっかり好きになっていた。そしてはたさわさんは、原文の淡彩画のような味わいを残しつつ、ヤンたちの様子を生き生きと訳してくださった。

 ゲラを読み始めたころ、フランクフルト・ブックフェアへ出張することが決まった。ドイツに行くなら、著者にお会いできるかもしれない、と思い、原出版社の編集者を通じてコンタクトを取ったところ、運よく会っていただけることになった。お住まいは、ドイツの西端の古都アーヘンとのこと。フランクフルトからは特急で二時間程度だ。

 ジーグリット・ツェーフェルトさんは、一九八六年、学生時代に書いた『海がきこえる』(津川薗子/訳、佑学社)でデビュー。以来、著作は二十冊近くになるが、邦訳は本作が三作目。お会いしてみると、とても穏やかで親切な方だった。三人のお子さん(十七、十五、十三歳)の母でもある。ヤンとヨシュのこと、登場人物のアイディアはどのように生まれるのか、「生」や「死」というテーマが作品でよく扱われる理由など、質問に真摯に答えてくださった。ふだんは、もっぱら家族の出かけている午前中を執筆に充てる、とのことだが、「書くのはひとりの作業だけれど、登場人物たちといっしょだから寂しくないのよ」と、笑顔でおっしゃったのが印象的だった。インタビューの詳細を掲載した、徳間書店児童書編集部のニュースレター「子どもの本だより第一一二号」もご覧いただけるとうれしい。

 カバーには、きたむらさとしさんが、川で向きあうふたりのさわやかな絵を描いてくださった。読者のみなさんの胸の中でも、ヤンとヨシュが元気に動きまわってくれるよう願っている。