こどもの本

私の新刊
『カンナ道のむこうへ』 くぼ ひでき

(月刊「こどもの本」2013年1月号より)
くぼ ひできさん

タイトルについて

「これ、どこで区切るんですか?」とタイトルについてよく聞かれます。

「カンナ、道のむこうへ」なのか。

「カンナ道の、むこうへ」なのか。

 たいてい、ダブルミーニングですよと答えています。

 主人公、六年生のカンナがとつぜん「将来の夢」というものに悩まされます。何か具体的になりたいものができたからどうしよう、というのではなく、何にもないから困ってしまう。

 担任から「将来の夢」について聞かせてもらうと言われれば、程度の差はあれ、すこしは悩むものです。

 しかもこの主人公の周囲は、夢に邁進してる人、夢をかなえた人ばかり。みんなそのことにあまり悩んでいない。こうなると同調圧力とでもいうか、悩みが心の奥底にいつまでもわだかまってしまいます。

 かくして、彼女はいろんな人の意見を聞いて、ほんとうにそうなのかなと悩んでひと夏をすごします。そのことを描きました。

 大きな物語はありません。お菓子を作って、親友とお話をして、そのあいまに夢に悩む……。

「カンナ道」というものが作中に出てきます。広島の旧広島陸軍被服支廠、レンガ造りの建物に沿って三百メートルばかり続くカンナの花咲く道のことです(今は面影がありません)。

 あなたの名前はここからきたのだと母に聞いて、主人公はこの道を特別に思っています。不思議な出来事にもであいます。まっすぐまっすぐ続く道のむこうは、夏になるとまぶしくて見通せないほどです。まるで未来のように。

 だからタイトルはどちらの意味にもとれます。「カンナ道」の未来へ行く話でも、カンナが道の未来へ行こうとする話でもいい。

 小学生の話ながら、高校生も読んでおもしろいと言ってくれました。将来の夢は大人になっても不可欠ですから、何かしら感じてくれたのでしょう。

 大切なのは、道のむこうへ行こうと思う心。そのことを書いた話です。

(くぼ・ひでき)●第10回長編児童文学新人賞受賞作。

「カンナ道のむこうへ」
小峰書店
『カンナ道のむこうへ』
くぼひでき・作
志村貴子・絵
本体1,400円