こどもの本

私の新刊
『輪切り図鑑クロスセクション 帆船軍艦』 宮坂宏美

(月刊「こどもの本」2021年8月号より)
宮坂宏美さん

緻密でユーモラス!

『帆船軍艦』の翻訳のご依頼をいただいたときは、専門用語がたくさん出てくる難しい本なのかなと思っていました。ところが、読んでみてびっくり。なにこれ、おもしろい!

 そこには、一八〇〇年ごろの帆船軍艦を操る八百人もの乗組員の暮らしが、緻密な絵と詳細な解説で生き生きとユーモラスに描かれていたのです。

 ウジ虫に気をつけながら食べるビスケット、息苦しくなるほど混み合う寝床、転落の危険をともなうマストでの仕事、手足の切断が基本の手術、日常的なむち打ちの刑。

 そんな過酷な毎日の中で、気に入らない士官を砲弾で転ばせたり、ゲームやけんかで賭けごとをしたりと、いろいろ気晴らしになることもしていたとわかりました。

 とくにおもしろかったのは、あちこちのページに出てくるトイレ事情です。トイレといっても単なる穴のあいた椅子で、下っ端が使うものはまわりから丸見え。ふきさらしなので、用を足しているときに大波にさらわれることもあります。それに比べて士官は、個室のトイレを使用。快適に用を足すということは、やはり重要な特権なのだとあらためて思いました。

 一九九〇年代にイギリスで発売されるや世界中で大人気となり、「断面図鑑」という分野のさきがけとなったこのシリーズは、当時、日本でもつぎつぎと複数の版元から発売されました。それが今回、原書の二十五周年記念版の刊行に合わせ、あすなろ書房からまとめて五冊、新訳で出ることになりました。

①ヨーロッパの古城

②帆船軍艦

③人体断面図鑑

④世界のふしぎ断面図鑑

⑤モノのできかた図鑑

「緻密でユーモラス」はどの巻にも共通。次作の『人体断面図鑑』では、体のしくみのほか、いま注目のワクチンや免疫についても解説しています。資料的価値も高いシリーズですので、ぜひそろえていただければ幸いです!

(みやさか・ひろみ)●既訳書に『ジュディ・モードはごきげんななめ』『ノエル先生としあわせのクーポン』など。

『輪切り図鑑クロスセクション 帆船軍艦』"
あすなろ書房
『輪切り図鑑クロスセクション 帆船軍艦』
スティーブン・ビースティー・画/リチャード・プラット・文/宮坂宏美・訳
定価2,200円(税込)