こどもの本

私の新刊
『わたしはだれ? Who am I ?』 ノーブスミー

(月刊「こどもの本」2021年8月号より)
ノーブスミーさん

豊かな想像力と地球の未来

 本作は「地球は生きている」をテーマにしています。母なる地球の姿を多面的に描写し、子どもたちが「生命の大切さ」を学び、「自然を愛する心」を醸成することを願い、創作しました。

 本文中では「わたしはだれ?」「あなたは○○」の会話のやり取りが、繰り返し出てきます。短い言葉と抽象度の高いイラストで画面を構成したのは、子どもたちの考える力を育てるのが狙いです。また、日英文併記により、英語の概念が学べるよう工夫しています。 企画の背景には、私共が書店や学校などで行った「子ども向けワークショップ」が存在します。そのなかで常々感じていたこと・・それは「参加者の年齢が上がるにつれ、主体的な意見や考えを述べる率が低くなる」ということです。

 低年齢の子どもたちは、ワークショップのルールを逸脱し、独自性を周囲にPRします。一方で小学校の高学年くらいになると、クラスメイトの進捗や大人の評価を徐々に気にし始めます。そこで私共が考えたのが、「子どもの主体性を誘発する絵本」・・本書の創作でした。

 刊行直後、大阪府が主催する「オーサービジット事業」の講師として、府内の小学校を訪問しました。授業テーマは「自分だけの世界を描こう」です。

 子どもたちは八つ切り画用紙を真ん中で折り、画面左側に文字を入れ、画面右側に自分が想像した絵を描いていきます。

 誰一人として、同じ結果にはなりません。「写実的な絵」「モノトーンの絵」「空想動物の絵」など、多種多様でどれもが魅力的です。授業中、子どもたちのエネルギーがどんどん高まり、教室内が熱気に包まれました。

 授業内容のブラッシュアップはまだまだ必要ですが、主体性や個性を育む取り組みとして、手応えを感じた次第です。

 最後に本書を創作するにあたり、一般社団法人日本SDGs協会代表理事の堤晶子さんには、推薦文をお寄せいただくなど大変おせわになりました。この場を借りて御礼申し上げます。

(ノーブスミー)●既刊に『森のゲオルグ』『たるとたたんのたいこまつり』など。

『わたしはだれ?
出版ワークス
『わたしはだれ? Who am I ?』
ノーブスミー・さく・え
定価1,760円(税込)