こどもの本

私の新刊
『魔笛の調べ1 ドラゴンの来襲』 岩城義人

(月刊「こどもの本」2021年6月号より)
岩城義人さん

時をこえる魅力

ハーメルンの町から百三十人の子どもが消えたのは一二八四年のこと。いまから七百年以上も前になります。にもかかわらず「ハーメルンの笛吹き男」のお話は、時をこえ、現代まで語りつがれています。

なぜこの伝説はこれほど人を魅了するのでしょうか。史実をもとにしているのも、おそらく理由のひとつでしょう。事実のインパクトは絶大です。

しかし、もしこのお話がただの失踪事件だったなら(実際、伝説の一部は後で足されたものということは、「あとがき」で書かせていただいた通りです)時をこえ、国境をこえてまで語りつがれる伝説になっていたでしょうか。

事件そのものよりむしろ、奇妙な笛吹き男が魔術的な力を使ってネズミを退治し、その後、子どもたちをさらうという、いわば〈ファンタジー〉的なところが、人びとを魅了する大きな理由なのかもしれません。

そのハーメルンの伝説を下じきにしたのが、本書「魔笛の調べ」シリーズです。本書においては、ファンタジーの要素はいっそう増大され、ネズミはもとより、ドラゴンにグリフィン、魔法使い、また、ハーメルンの笛吹きと同じ笛吹きたちも出てきます。

そして、物語を動かすのが、「なぜハーメルンの笛吹きは子どもたちをさらったのか? さらわれた子どもたちはどうなったのか?」という〈ミステリー〉です。その謎が、次から次へと明らかになり、息をのむ展開がまっています。

最後に、この物語には空想ではない特徴がひとつ。それは音楽です。物語に出てくる笛吹きたちは、笛を使って魔法のような力を使います。しかし、笛の力は魔法とは少しちがうようです。それがどんなものかは、だれもが知っているといいます。

シリーズは全部で三部作。二巻では、グリフィンの種族や、古の魔法使い、魔法道具なども登場し、ファンタジーの世界がさらに広がります。

本書が、本家のハーメルンの笛吹きの物語と同様、ながく読みつがれることを願っています。

(いわじょう・よしひと)●既訳書に『オーケストラをつくろう』『プラスチック星にはなりたくない! 地球のためにできること』など。

『魔笛の調べ1
評論社
『魔笛の調べ1 ドラゴンの来襲』
S・A・パトリック・作/岩城義人・訳
定価1,760円(税込)