こどもの本

私の新刊
『あなふさぎのジグモンタ』 とみながまい

(月刊「こどもの本」2021年4月号より)
とみながまいさん

あなあくまえより、すきになる

 虫たちの命のいとなみには、ユニークなアイディアがいっぱいです。小さな生きものたちが、気の遠くなるような世代を受け継ぎながら、その種だけの独自の生き残り術を獲得してきたことには、いつも驚かされます。その姿に私たちの生活を重ねて考えると、大発見に出会ったりもします。それは、とてもゆかいな時間です。

 石塀の下に、土からのびた根のようなものが張り付いているのが、ジグモの巣です。かつて、ジグモ釣りを楽しんだ方もいるのではないでしょうか? クモですが、網は張りません。土の中に靴下のような巣を編みます。獲物を取り込むときに巣にあいた穴は、修繕して大切につかいます。その健気さに、おはなしがうごきだしました。

 主人公のジグモンタは、「あなふさぎや」です。洋服にあいてしまった穴を、なかったようにふさぐ職人です。ジグモンタは穴を消して、もう一度洋服に命をあたえます。でも、先祖代々受け継いできたこの仕事も最近は流行りません。新しいものが簡単に手に入るからです。おおいに悩む、ジグモンタ…。

 私も一緒に、「穴」について考えました。あいてしまった「穴」というのは、残念な存在です。でもこの「存在」とは、一部が失われる「不在」によって出現するのです。その喪失に無限の想いが広がります。面白い!

 この穴を「なかったことにする」なんて、ちょっともったいない気がしてきました。穴があくまえの思い出、あいてしまった思い出、そしてふさぐ思い出がかさなって、穴はとっても愛おしい存在になるのかもしれない…昔、母が繕ってくれた靴下のように。

 ジグモンタと一緒に、私も気づくことができました。小さな生きものたちに、また教えてもらったのです。

 世界中で、時間に穴があいてしまったような2020年、この絵本が旅立ちました。きっと、これからそれぞれに穴がふさがれて、「穴あくまえより愛おしい世界」になることを願っています。ちょっと、大袈裟に聞こえるかもしれませんが、ほんとうに。

(とみながまい)●既刊に『うれないやきそばパン』『こんこんとやさしいやさい』『ぞーっくしょん!』など。

『あなふさぎのジグモンタ』"
ひさかたチャイルド
『あなふさぎのジグモンタ』
とみながまい・作/たかおゆうこ・絵
定価1,430円(本体1,300円)