こどもの本

私の新刊
『わたしのふうせん』 原 小枝

(月刊「こどもの本」2021年1月号より)
原 小枝さん

気ままで最強の「赤ずきん」ちゃん!

 みなさんの持つ「赤ずきん」ちゃんのイメージは、どんなだろう? 心配性のお母さんに「任せて!」と言葉を返しながら、オオカミの怖さや悪巧みを知らず疑うことをせず、簡単に惑わされてしまう。何とか狩人に助けられ、一つ教訓を学ぶ女の子。これは私の幼い頃に絵本で親しんだグリム童話の「赤ずきん」ちゃんだ。とても子供らしく、メッセージも至ってシンプル。

 けれど絵本作家マリオ・ラモは、同じく子供らしいのだけど、全く正反対とも言える「赤ずきん」ちゃんを生み出した。何も心配しないお母さん。オオカミをひたすら怖がる女の子。想像力豊かな彼女は、奇想天外な動物たちとの遭遇には戸惑わず、明るく気高く森を進んでいく。しかし、ついに出合ってしまう。それは悪巧みもせず、真っ先に食らいついてくるオオカミ。助けてくれる狩人なんていない…でも!?

 ところで、絵本の主役は絵なのか、文章なのか? 『わたしのふうせん』は明るく楽しいイラストだけで存分に引き込まれる。しかしまた、語りだけを聞いても、絵がどうしても気になってしまう。想像力を何とも膨らませてくれる言葉に溢れているのだ。

 さて、私たちが生きる、様々な情報が飛び交い不安を煽られる日常。未知のことが多いと慎重を強いられる社会。そこにこの絵本は「大丈夫、伸び伸びと行こうよ!」と、語りかけてくる。「わたしのふうせん」を持っていれば、大丈夫なのだ。大人には、明るく大らかな気持ちをもたらす作品だろう。もちろん、そんなメッセージに関わらず、子供は純粋に楽しむはず。ワクワク、ドキドキ。ピーンと張った緊張の糸。笑い? 短い冒険の中に、様々な感覚が体験できるのだ。

 無邪気ながら気高い。気ままゆえに逞しく、頼もしい。怖がり…そして何ともチャーミング! そんな「赤ずきん」ちゃんの魅力を、ご堪能ください。なお、五月に同じ作家マリオ・ラモの、小さな男の子を主人公にした『こわがりのちびかいじゅう』の翻訳も出したので、ぜひご覧ください。

(はら・さえ)●マリオ・ラモの他の絵本に『こわがりのちびかいじゅう』(原小枝/訳)、『ねんねだよ、ちびかいじゅう!』『いちばんつよいのはオレだ』(原光枝/訳)など。

『わたしのふうせん』"
平凡社
『わたしのふうせん』
マリオ・ラモ・絵・文/原 小枝・訳
本体1,600円