こどもの本

私の新刊
『ミッドナイトギャングの世界へようこそ』 三辺律子

(月刊「こどもの本」2020年12月号より)
三辺律子さん

「ズレ」が開く世界を楽しんで

 デイヴィッド・ウォリアムズの作品とのお付き合いも、本書『ミッドナイトギャングの世界へようこそ』で四冊目になる。ウォリアムズは、元々イギリスのコメディアン。本の中でも、読者に語りかけるように物語をどんどん語り進め、ぽんぽんジョークを飛ばす。

 笑いは「ズレ」があるところに起こると言うが、退屈なおばあちゃんが実は大どろぼうだったり、認知症のおじいちゃんが悪徳老人ホームの実態を暴いたり。「ズレ」というのは、私たちの「本来はこうあるべきだ」という予測が外れることから生じるが、ウォリアムズの作品を読んでいると、笑いながら、凝り固まった考えが解放されていくのを感じる。

 『ミッドナイトギャングの世界へようこそ』の舞台は、小児病棟だ。ただでさえ闘病生活はつらいものだが、患者が子どもとなると、本人も見ているほうもひときわつらさが増す。ところが、ウォリアムズの手にかかると、小児病棟もたちまちギャングの活躍する冒険の場となる。

 その中心となるのが、生まれつきの障害のため、顔がいびつな形になってしまった病院の用務係だ。恐ろしい見た目や用務係という平凡そうな仕事とは裏腹に、彼は誰よりも優しく強い心の持ち主で、奇想天外な方法で子どもたちの夢をかなえてくれる。ここにも、大きな「ズレ」が描かれている。

 大金持ちの家に生まれながら、両親の愛情に飢えている(ここにも「ズレ」がある)トムは、小児病棟に初めて自分の居場所を見つけ、最後には重病の友だちを思いやる強さも身につける。

 こんなふうに、ウォリアムズの作品はいつも必ず、心を揺さぶるような展開やシーンが用意されている。でも、本人にきいたら、「いやいや、ただ笑わせたくて作ったんだよ」と言いそうだ。

 原書は、大小中のフォントの文字にトニー・ロスのイラストを組み合わせ、スラップスティック風の雰囲気を醸しているが、日本版では平澤朋子さんが、くすっと笑ってしまう軽快さを保ちつつ、ストーリー展開に欠かせないイラストをつけてくださっている。

(さんべ・りつこ)●既訳書に『夜フクロウとドッグフィッシュ』『おじいちゃんの大脱走』「マジカル・チャイルド」シリーズなど。

『ミッドナイトギャングの世界へようこそ』"
小学館
『ミッドナイトギャングの世界へようこそ』
デイヴィッド・ウォリアムズ・作/三辺律子・訳/平澤朋子・絵
本体1,600円